ヴェノム 82点

ヴェノム

2018年のアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画。ソニー・ピクチャーズが手掛けるユニバース “Sony’s Universe of Marvel Characters” の最初の作品。日本でのキャッチコピーは、「マーベル史上、最も凶悪なダークヒーロー誕生。」「『俺たち』はヴェノムだ。」「この力、病(や)みつき。」

ヴェノム 映画批評・備忘録


ヴェノム(原題:Venom)

脚本:30点
演技・演出:17点
撮影・美術:18点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計82点


これは予想外に面白かった!主演のトム・ハーディがあまり好きじゃなかったのですが、ふりきった演技力で魅せてくれました。スパイダーマン3に出てきたヴェノムの演出も良かったんですが、こちらの方がパワフルで迫力がありました。トム・ハーディの声がクリスチャン・スレイターに似ていることもあり、独特の言い回しもなんか似てるように思いました。この声、なんか好きです。クールです。
ストーリーはシンプルで、やや単調なものの優れたアクションシーンの連続で飽きずにみれる内容です。蛇足にも思えるラストシーンは、いかにもマーベル。(続編のお知らせみたいな演出)。は、いらない。


ヴェノム あらすじ

カリフォルニア州のサンフランシスコで記者として働いていたエディ・ブロックは、ライフ財団が死者を出すほど危険な人体実験をホームレスを利用して行っていることを知り、恋人であるアン・ウェイングのパソコンから得た情報を基にライフ財団のリーダーであるカールトン・ドレイクに実験のことを問い詰めるが、ライフ財団の根回しにより会社をクビになり、それに巻き込まれる形でアンも職を追われたため、仕事と恋人の両方を失う。

それから半年。就職先を探していたエディはライフ財団の研究者ドーラ・スカース博士の力を借りてその実験施設に侵入。そこで知り合いのマリアが被験者として捕まっていることを知り、彼女を助けようとしたものの、その身体に巣食っていたタール状の地球外生命体・シンビオートに寄生されてしまう。

それ以来、エディにはシンビオートの声が頭の中で聞こえるようになり、凶暴性や空腹感が日に日に強くなっていく。「”俺たち”が一つになれば、何だってできる」と嘯いたシンビオートはエディの体を蝕み、一体化し、ヴェノムとして名乗りを上げる。ヴェノムはそのグロテスクな姿で容赦なく人を襲い、そして喰らう。相手を恐怖に陥れ、目玉、肺、そして膵臓…体のどの部位も喰い尽くす。 エディは自分自身をコントロールできなくなる危機感や恐怖心を覚える一方、少しずつその力に魅了されていく…。

その頃、エディがライフ財団に侵入してマリアと接触したことを知ったドレイクは、マリアに寄生していたシンビオートがエディの身体に「移動」したのではないかと考え、彼もろともシンビオートを捕らえようと暗躍し始める。

ヴェノム スタッフ

監督:
脚本:,,,
原作:,『ヴェノム』
製作:,,
音楽:
撮影:
編集:,
製作会社:,,,,,
配給:

ヴェノム キャスト












ヴェノム 予告編・無料動画