ポゼッション 77点

ポゼッション

映画批評・備忘録

2012年制作のアメリカ合衆国のホラー映画。実話に基づいた物語を、サム・ライミがプロデュース!

ユダヤの民話に伝わる邪悪な魂を封じ込めたとされる“ディビュークの木箱”の記事がロサンゼルス・タイムズ紙に掲載された。背筋が凍りつくような話に多くの人々が魅了されたが、サム・ライミもまたこの真実の物語に魅了され、映画化されることになった。
その撮影中にも数々のエピソードがあり、悪魔祓いのシーンが撮影された“リバービュー精神病院”は瞬時に凍りつくような雰囲気があることで有名な廃墟で、部屋に入れないスタッフもいたり、本物のディビュークの木箱を離れた場所に保管しておいたにもかかわらず、とつぜん電球が破壊したりと怪奇的な裏話も尽きない。

サム・ライミがプロデユースということもあり、期待しながら見ました。率直な感想は面白かったです。怖さもまずまず、ストーリーもまずまず、演出もまずまずで、過度な期待をしなければ丁度いいホラー映画でした。

米ドラマ『スーパーナチュラル』のジョン・ウィンチェースター役(サムとディーンの父親)が印象的だったジェフリー・ディーン・モーガンが主演で、ホラーものが得意というか演技力があって表情とか慣れたものです。最近は、米ドラマ『ウォーキング・デッド』のニーガン役で強烈なインパクトを残してますね。

妻役のキーラ・セジウィックは、ケヴィン・ベーコンが旦那で、『シングルス』が印象に残ってますし、結婚後もコンスタンスに映画出演しています。

配役で面白いのはユダヤ教の牧師役のマスティヤフで、売れっ子レゲエ・ミュージシャンです。かなり様になっています。プライベートでも熱心なユダヤ教徒だったこともあり、キャスティングされたのかもしれません。

日米問わずホラー映画は、子供たちの演技がうまいことに見慣れてしまった感じですが、憑りつかれた少女を演じたナターシャ・カリスも姉役のマディソン・ダヴェンポートも圧巻の演技力でした。

ポスターが強烈なので相当怖い映画じゃないかと思えるんですが、悪魔祓い映画ではソフトな方だと思います。確かに怖いシーンも多いのですが、スプラッター要素がないのと家族愛の描写が強いので『エクソシスト』<『ポルターガイスト』な感じです。ホラー映画を見慣れている人間の感想なので、苦手な人には怖すぎる映画かもしれませんが。。。。



ポゼッション(原題:The Possession)

脚本:30点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計77点

あらすじ

妻と離婚したクライドは、週末に二人の愛娘と過ごすことを楽しみにしていた。しかしある日、次女のエミリーがガレージセールでアンティークの木箱を購入したことで事態は急変する。それ以来、彼女は徐々に暴力的な性格になっていき、ついには常軌を逸した行動を取るようにまでなってしまう。これに危機感を抱いたクライドは、原因はあの木箱にあると突き止め、ついに木箱に隠された恐ろしい秘密を知る。

スタッフ

監督:オーレ・ボールネダル
脚本:ジュリエット・スノードン,スタイルズ・ホワイト
製作:サム・ライミ,ロバート・タパート,J・R・ヤング
製作総指揮:スタン・ワートリーブ,ピーター・シュレッセル,ジョン・サッキ,ネイサン・カヘイン,ジョー・ドレイク,マイケル・パセオネック,ニコール・ブラウン,マティスヤフ
音楽:アントン・サンコー
撮影:ダン・ローストセン
編集:エリック・L・ビーソン
配給 :ライオンズゲート,ブロードメディア・スタジオ

キャスト

ジェフリー・ディーン・モーガン
キーラ・セジウィック
ナターシャ・カリス
マディソン・ダヴェンポート
マティスヤフ
グラント・ショー
ジェイ・ブレイジョー
ブレンダ・クリックロウ
ロブ・ラブレ
アンナ・ハゲン
クイン・ロード
キャメロン・スプレイグ
グレアム・ダフィー
アイリス・クイン
クリス・シールズ
ジョン・カッシーニ
エリン・シムズ
ジム・ソアバーン
アガム・ダッシー
シャーメイン・ヨー
ジャレット・ジョン
ネッド・ベラミー
ティモシー・ポール・ペリッツ
マリリン・ノーリー
アレックス・ブラハンスキー
チャールズ・シエゲル
グレッグ・ロジャース

予告編

商品情報