ネスト 73点

ネスト

ネスト 映画批評・備忘録

アイルランドの作家ジョン・コナリーの短編小説を映画化したサスペンス・ホラー映画。
両親が離婚し、転校してきたことから学校で馴染むことができず、イジメられながらも思春期を迎えた女の子とその父親の家族ドラマと不気味な地底種族のマウンドウォーカーに犯されてしまった娘を必死で救おうとする父親のB級映画的演出が同時進行している珍しい映画。かなり斬新な設定とクライマックスの嫌な衝撃がトラウマになりそうで怖い。繰り返し見たいとは思わない映画であり一見の価値がある映画。

ネスト 採点の内訳


脚本:30点
演技・演出:14点
撮影・美術:15点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計73点

ネスト タイトル

ネスト(原題:The New Daughter)

ネスト あらすじ

妻と離婚した小説家のジョンは、思春期の娘ルイーサと7歳になる息子サムと片田舎の一軒家に越してくるが、裏には古墳のような塚があった。怪しげな音が毎夜響くなか、やがてルイーサは家を抜け出して塚に向かい、泥だらけになって帰ってくるようになる。

ネスト スタッフ

監督:ルイス・ベルデホ
脚本:ジョン・トラヴィス
原作:ジョン・コナリー『The New Daughter』
製作:ポール・ブルックス
製作総指揮:スコット・ニーマイヤー,ノーム・ウェイト
音楽:ハビエル・ナバレテ
撮影:チェコ・バレス
編集:トム・エルキンズ,ロブ・サリヴァン

ネスト キャスト

ケビン・コスナー
イバナ・バケロ
ノア・テイラー
サマンサ・マシス
ガトリン・グリフィス
ジェームズ・ギャモン
エリク・パラディーノ

ネスト 予告編

ネスト 商品情報