エクソシスト 90点

エクソシスト

1973年公開のアメリカ合衆国の映画。少女に憑依した悪魔と神父の戦いを描いたオカルト映画の代表作であり、その後さまざまな派生作品が制作された。本国において1973年の興業収入1位を記録した。第46回アカデミー賞の脚色賞と音響賞を受賞。

題名となっているエクソシストとは、英語で”悪魔払い(カトリック教会のエクソシスム)の祈祷師”という意味である。

エクソシスト 映画批評・備忘録


エクソシスト(原題:The Exorcist)

脚本:35点
演技・演出:19点
撮影・美術:19点
編集:8点
音響・音楽:9点
合計90点


オカルト・ホラーの金字塔といえば今作で、悪魔(悪霊)に憑依されたらどうなる?のイメージを植えつけたことにより、後のオカルトホラー映画に多大な影響を与えました。
個人的植え付けられたイメージは?
1.顔色が悪く、肌がボロボロになる
2.白目をむく
3.緑のゲロを吐く
4.言葉遣いが下品になる(声がおっさんになる)
5.首が180度回転する
6.ブリッジして歩く
7.天井まで浮かぶ(徘徊する)
8.自傷行為・自慰行為が大好き
9.誰にでも憑依できる
こんな感じで例を挙げてみましたけど、悪霊系や悪魔系ではよく見かける光景になりました。
この映画は、キャストやスタッフの不幸が話題になった呪われている映画ということで、主演の少女役だったリンダ・ブレアのその後が気になるところですが、海洋テロリスト(自称環境保護団体・反捕鯨団体)ことシーシェーパードの支援者となっており、そろそろクジラまたはシャチに食われてしまわないか彼女の身を案じています。


エクソシスト あらすじ

イラク北部で遺跡を発掘調査していたランカスター・メリン神父は、悪霊パズズの像を発見する。彼は「この邪悪な宿敵と再び対峙する日が近い」と予感する。

女優のクリス・マクニールは映画撮影のためにワシントン近郊のジョージタウンに家を借り、一人娘のリーガンと共に滞在していた。

ジョージタウンに住むデミアン・カラス神父は時々、ニューヨークに住む母親を見舞いに訪ねている。母親はギリシャからの移民で、ラジオでギリシャの音楽を聴いている。

クリスはやがてリーガンの異変に気付く。その声は邪悪な響きを帯びて形相も怪異なものに豹変したうえ、荒々しい言動は日を追って激しくなり、ついには医者からも見放される。その矢先、友人の映画監督のバーク・デニングズが殺害される事件が発生する。死体が発見されたのはクリス宅の近くの階段であった。キンダーマン警部補が捜査に乗り出す。そして、悪魔はリーガンに十字架で自慰行為をさせ、バークの声を使ってクリスを嘲笑する。

娘が悪霊に取り憑かれたと知ったクリスは、カラス神父に悪魔払いを依頼する。当初悪魔憑きに否定的なカラスであったが、調査を進めていくうちにリーガン自身からの助けを求めるメッセージを発見する。カラスは悪魔払いの儀式を決意し、大司教に許可を求める。主任には、悪魔払いの経験があるメリンが選ばれた。メリンとカラスの両神父は、少女リーガンから悪霊を追い払う儀式を行うが、その途中でメリンは持病の心臓病が悪化して息を引き取る。カラス神父は格闘の末、悪霊をわが身に乗り移らせると窓から身を投げ、階段を転げ落ちて絶命する。横たわるカラスのもとへ友人のジョセフ・ダイアー神父が駆け寄る。

エクソシスト スタッフ

監督:
脚本:
原作:
製作:
製作総指揮:
音楽:,
撮影:
編集:,
製作会社:
配給:

エクソシスト キャスト








エクソシスト 予告編・無料動画