ザ・ウォーカー 74点

ザ・ウォーカー

2010年公開のアメリカ合衆国の映画。世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。邦題は劇中で町で文明的な生活を送っていると自慢するカーネギー一味の人間が、主人公イーライが町に定住せず旅を続けていることに対して侮蔑的に「旅人(ウォーカー)」と呼んでいるのに由来する。

ザ・ウォーカー 映画批評・備忘録


ザ・ウォーカー(原題:The Book of Eli)

脚本:32点
演技・演出:15点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計74点


原題はThe Book of Eli 直訳すると『イーライの本』なんですが、邦題は主人公のあだ名をとってザ・ウォーカーとしています。海外ゾンビドラマ、ウォーキングデッドのウォーカーと被るようにあえてしているようにも思えます。ということで、デンゼル・ワシントン主演でゾンビ映画とは珍しいと思い今作を見始めたのですが、まったく違う内容でしたね。
宗教色が強く荒廃した世界と西部劇を融合させていて、イーライの本の謎を追うサスペンスアクション映画。アメリカ人というかキリスト教徒には胸が熱くなる作品なのかな?と思いつつ、個人的には宗教的なバックボーンがないことや、興味深い作品だったものの、オチがすぐに分かったことから、それほど楽しめませんでした。


amazonプライム・ビデオ

ザ・ウォーカー あらすじ

大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。誰が名づけたか“ウォーカー”と呼ばれるその男は、30年間、世界でたった1冊だけ残る“本”を運び、<西>へと旅を続けている。本を守るため、行く手を阻む敵は容赦なく殺す。彼の目的地はどこなのか?その本には何が記されているのか?
一方、大勢の盗賊たちを率い、王国に君臨する独裁者カーネギーは、世界を支配するためにどうしても必要なその本を手に入れるため、旅を続ける“ウォーカー”の前に立ちはだかる。砂塵渦巻く荒野を舞台に、世界を揺るがす一冊の本をめぐる壮絶な死闘が開始された―!旅の先にあるのは、荒れ果てた世界の“希望”か“絶望”か!?2人の男の戦いの果てに、驚愕の結末が待ち受ける!!

ザ・ウォーカー スタッフ

監督:,
脚本:
製作:,,,
製作総指揮:,,
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:,
配給:,,,

ザ・ウォーカー キャスト









ザ・ウォーカー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ