ボーン・コレクター 76点

ボーン・コレクター

ボーン・コレクター 映画批評・備忘録

原作はジェフリー・ディーヴァーの同名小説。デンゼル・ワシントンとアンジェリーナ・ジョリー主演で脊柱不随となった主役が相棒と共に猟奇事件を解決していく物語。
デンゼル・ワシントンが演じたのは、事故で体で動かせるところが首から上と左手の薬指一本だけとなった元刑事(犯罪学者)リンカーン・ライム役という非常に難役で、デンゼル・ワシントンだからこそ演じられたとも思える上手い演技だった。(原作のリンカーン・ライムは白人)まだ無名だったアンジェリーナ・ジョリーが高い演技力を評価されアメリア・サックス役に大抜擢された。普通っぽい初々しいアンジーが見れるのは今作くらいなので現在となってはそれも見所。じわじわくる恐怖感の演出が上手く、最後まで緊張感を保ったまま見ていられる。

※アンジェリーナ・ジョリーはこの映画で初めて劇場公開作品の主演という役を射止めた。監督のフィリップ・ノイスは既に主演として契約書にサインをしていたデンゼル・ワシントンに、「共演の女優はもう誰にするか決めてある」と言ってHBO製作・放送のTV映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』のテープを渡した。デンゼル・ワシントンも彼女の演技力には「驚愕した。これほど力のある女優が今まで眠っていたなんて信じられない」と語っている。

ボーン・コレクター 採点の内訳


脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計76点

ボーン・コレクター タイトル

ボーン・コレクター(原題:The Bone Collector )

ボーン・コレクター あらすじ

科学捜査官のライムは、4 年前に傷を負い手足の自由を奪われてしまう。ある日、パトロール警官のアメリアが無残な変死体を発見。ライムは協力を求められ、動けない彼の代わりにアメリアが現場検分を行うことに。難解なメッセージを残し、次々と猟奇殺人を繰り返す犯人。そして明かされた驚愕の真実とは?!

ボーン・コレクター スタッフ

監督:フィリップ・ノイス
脚本:ジェレミー・アイアコーン
原作:ジェフリー・ディーヴァー
製作:マーティン・ブレグマン, マイケル・ブレグマン, ルイス A ストローラー
製作総指揮:ダン・ジンクス, マイケル・クラウィッター
音楽:クレイグ・アームストロング
撮影:ディーン・セムラー
編集:ウィリアム・ホイ
配給:ユニバーサル・ピクチャーズ,ソニー・ピクチャーズ

ボーン・コレクター キャスト

デンゼル・ワシントン
アンジェリーナ・ジョリー
クィーン・ラティファ
マイケル・ルーカー
エド・オニール
マイク・マッグローン
リーランド・オーサー
ルイス・ガスマン
ジョン・ベンジャミン・ヒッキー
ゲイリー・スワンソン
バーク・ローレンカ

ボーン・コレクター 予告編

商品情報