ババドック~暗闇の魔物~ 75点

2014年公開のオーストラリア映画。本作は世界各国の映画祭で合計50部門以上にノミネートされ、35部門で賞を受賞するなど高い評価を受けた。『エクソシスト』の監督ウィリアム・フリードキンは本作について、「未だ嘗てこんなにぞっとする映画を見たことがない。」とツイッターで絶賛した。

ババドック~暗闇の魔物~ 映画批評・備忘録



ババドック~暗闇の魔物~(原題:The Babadook)

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:6点
合計75点


孤独な家族の印象を与えるために、二人暮らしには大きすぎる家と家具、映像のトーンを下げて白を強調した陰鬱な世界観。見ていて息が詰まります。
ババドックの正体が何なのか?これが最大のミステリーであり、この映画の怖さであり巧さのように思えました。シックスセンスとはまた違った感じですが、想像力を掻き立てられる作品です。主演のエッシー・デイヴィスの演技力が半端なく”狂気”の表情がものすごく怖いです。
ネタバレになるかもしれませんが、ババドックの正体を知るポイントをあげてみます。

1.主人公アメリアは、元々絵本作家である。
2.息子のサミュエルが家のどこからか、ババドックの本を見つけてくる。
3.ババドックの絵本は捨てても戻ってきてしまう。

ババドックの正体を知る上で、この3点は非常に大きくラストにも繋がっています。



amazonプライム・ビデオ

ババドック~暗闇の魔物~ あらすじ


アメリアは事故で夫を亡くし、息子のサミュエルと2人で暮らしている。だが、サミュエルは学校で度々問題を起こし、彼女の頭を悩ませていた。一方でサミュエルは、母親が本を読み聞かせると眠りにつくという面もあった。

そんなある夜、サミュエルがアメリアに読んで欲しいと1冊の絵本を持ってきた。だが、“ババドック”なるその絵本は彼女の見たこともないもので、どこか薄気味の悪い絵本であった。それ以降、2人の周囲で次々と奇怪な現象が起きるようになる。

ババドック~暗闇の魔物~ スタッフ


監督:
脚本:
製作:
製作総指揮:,,
音楽:
撮影:
編集:
配給:

ババドック~暗闇の魔物~ キャスト












ババドック~暗闇の魔物~ 予告編・無料動画



amazonプライム・ビデオ