「 傑作 」 一覧

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ 90点

世界の中心で、愛をさけぶ 映画批評・備忘録 興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1になった(興行収入85億円も首位)。主題歌の 平井堅「瞳をとじて」も大ヒットした。過去と現在をリンクさせながら描く切なく爽や ...

ラスト・オブ・モヒカン

ラスト・オブ・モヒカン 95点

ラスト・オブ・モヒカン 映画批評・備忘録 ホーク・アイを演じるダニエル・デイ=ルイスの完璧な役作りとその演技に魅了され、ヒロインのマデリーン・ストウの透き通った美しさの虜になる。見るたびに胸が熱くなり、強く美しい愛に心が打たれる。映像も音楽 ...

ミシシッピー・バーニング

ミシシッピー・バーニング 98点

ミシシッピー・バーニング 映画批評・備忘録 巨匠アラン・パーカー監督によって、1964年に米ミシシッピ州フィラデルフィアで公民権運動家3人が殺害された事件を映画化。オープニングから息が詰まるほどの凄惨なシーンがあり、当時の人種差別が日常的で ...

バック・トゥ・ザ・フューチャー

バック・トゥ・ザ・フューチャー 100点(満点)

バック・トゥ・ザ・フューチャー 映画批評・備忘録 バック・トゥ・ザ・フューチャーシリーズの一作目。略して『BTTF』『BTF』とも呼ばれる。公開当時全米で『フューチャー現象』と呼ばれるブームが生まれるほど大ヒットした。VFXの登場前に作られ ...

500日のサマー

(500)日のサマー 92点

(500)日のサマー 映画批評・備忘録 この映画のファンは、世界中にいて万国共通の恋愛感覚を共有している。 そんな中に自分もいる。女性はサマーに共感し、男性はトムに共感する。もちろんその逆も。恋愛ハイと恋愛鬱を見事に表現しきってる。 FBに ...

インターステラー

インターステラー 94点

インターステラー 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーラン監督のマジックにかかると超難解なSFストーリーも愛と冒険の物語としても楽しむことができてしまう。 序盤シーンとクライマックスシーンの見事なリンクは、お見事! 全ての演出に理由があり ...

Love Letter

Love Letter 92点

映画批評・備忘録 雪の小樽と神戸を舞台にしたラブストーリー。テレビドラマやCMなどで活躍していた岩井俊二の劇場用長編映画監督第1作である。岩井俊二のセンス溢れる映像の美しさとそこに合わせる音楽が素晴らしい。切ないラブストーリーと映像の美しさ ...

八日目の蝉

八日目の蝉 93点

映画批評・備忘録 不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描いたヒューマンサスペンスドラマ。 映画化により小説では表現できないであろう部分が素晴らしい形で表されているし、映像が秀逸で、風 ...

タワーリング・インフェルノ

タワーリング・インフェルノ 97点

タワーリング・インフェルノ 映画批評・備忘録 超高層ビル火災を描いた映画。本作品は1970年代中盤期のいわゆる、「パニック映画ブーム」の中でも最高傑作と評されている。1974年度のアカデミー撮影賞、編集賞、歌曲賞を受賞。 当時大スターだった ...

ポセイドン・アドベンチャー

ポセイドン・アドベンチャー 97点

映画批評・備忘録 1969年に発表されたポール・ギャリコの小説および、それを元にした映画・映像作品。 豪華客船が航海の途中、大晦日の夜を祝うため多くの客が乗り合わせていた時に巨大な津波が押し寄せ船は転覆。パニック状態に陥った乗客たちの中で、 ...

ファイ 悪魔に育てられた少年

ファイ 悪魔に育てられた少年 91点

映画批評・備忘録 ヨ・ジング、キム・ユンソク主演のサスペンスアクション。学校に通う代わりに“5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った17歳のファイ。残酷な人生を背負ったファイと、彼を取り巻く男たちの凶行は容赦なき運命に導かれて疾走し ...

エイリアン

エイリアン 91点

映画批評・備忘録 H・Rギーガーのエイリアンが恐ろしく、かつ美しくも思える完成度高いクリーチャー、宇宙船のデザイン、最後まで恐怖が尽きないダン・オバノンの脚本、リアリティある演出と撮影。若きリドリー・スコット監督がすべてをうまくまとめ上げた ...

マトリックス

マトリックス 100点(満点)

映画批評・備忘録 従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」だった。 1990年代最後に送り出されたSFアクション映画の最高傑作。 脚本も非常に練られており、機械と人間の単純な世 ...

セブン

セブン 91点

映画批評・備忘録 キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件と、その事件を追う刑事たちの姿を描いたサイコ・サスペンス映画。 映像へのこだわりが凄く、しかもそれが都会の陰鬱さ・閉塞感といったネガティブなものを表現するために用い ...

ザ・フライ

ザ・フライ 93点

ザ・フライ 映画批評・備忘録 1958年に公開された同名の映画(邦題は『ハエ男の恐怖』)のリメイク作品で、主演ジェフ・ゴールドブラムの出世作。 監督のクローネンバーグはスキャナーズで全世界に信者ともいえる熱烈なファンを獲得しており、公開後多 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.