「 韓国映画 」 一覧

シークレット・ミッション

シークレット・ミッション 82点

シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 ス ...

韓国映画 シングルス

シングルス(韓国) 76点

映画批評・備忘録 日本の大ヒットドラマを、韓国で映画化。日本人と韓国人の若者の文化の共通点が垣間見える作品でもある。ドラマと同様に適役とも思える配役は見事でロマンチックコメディとして十分楽しめる映画。 典子役(演:山口智子)をチャン・ジニョ ...

殺人の告白

殺人の告白 87点

映画批評・備忘録 2017年に日本でリメイクされた『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の元作品になるのが今作。 序盤からアクションシーンが多く、ノンストップのアクションサスペンス映画の仕上がりで、ラストまで飽きることなく楽しめる映画。終盤 ...

Sad Movie/サッド・ムービー

サッド・ムービー 80点

サッド・ムービー 映画批評・備忘録 8人の男女に訪れる様々な別れの瞬間を描く、韓国発のオムニバスドラマ。チョン・ウソンのような大スターから、のちに大スターになる「ファイ 悪魔に育てられた少年」で主演したヨ・ジング(子役)が出演している。「猟 ...

シルミド

シルミド 65点

映画批評・備忘録 1971年に韓国政府が極秘に進めた、朝鮮民主主義人民共和国の金日成首相暗殺計画と、それにかかわった韓国の北派工作員部隊(684部隊)の実話を基にした映画。映画の製作を妨げる動きもあったとされ、この映画の反響を見た韓国政府は ...

ユリョン

ユリョン 76点

映画批評・備忘録 原子力潜水艦を舞台にした作品で、CGと特撮を駆使した韓国初の潜水艦映画。タイトルの『ユリョン』とは韓国語で“幽霊”の意味。日本への核攻撃の示唆や日本の潜水艦を撃沈することなどから反日映画とされ批判も多い作品。韓国版『クリム ...

リベラ・メ

リベラ・メ 79点

映画批評・備忘録 題名の『リベラ・メ 〈Libera Me〉』はラテン語で「我を救いたまえ」という意味の聖書から引用された言葉。 凄まじい火災シーンがノンストップで押し寄せてくる迫力は申し分なく劇場で見るべき映画で、圧倒的な映像(炎)を楽し ...

ロスト・メモリーズ

ロスト・メモリーズ 62点

映画批評・備忘録 これぞウリナラ・ファンタジーな映画。 日本による朝鮮統治が継続しているパラレルワールドを舞台に、日本が体制悪として描かれている映画だが、仲村が演じるのはステレオタイプな悪役ではなく、家族を守るために親友との戦いに挑むという ...

ファイ 悪魔に育てられた少年

ファイ 悪魔に育てられた少年 91点

映画批評・備忘録 ヨ・ジング、キム・ユンソク主演のサスペンスアクション。学校に通う代わりに“5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った17歳のファイ。残酷な人生を背負ったファイと、彼を取り巻く男たちの凶行は容赦なき運命に導かれて疾走し ...

カル

カル 84点

映画批評・備忘録 公開当時、韓国ではタブーとされていた猟奇殺人もののジャンルに真っ向から挑み、国内歴代観客動員記録を塗り替える驚異的大ヒットとなったハード・ゴア・スリラー映画。“カル”とは“刃物”を意味する言葉。 冒頭から片腕をメスで切り刻 ...

友へ チング

友へ チング 95点

映画批評・備忘録 物語の半分は、ノスタルジックな子供時代から思春期の男子のあるある的な内容であるものの、幼馴染であり親友に至るまでの経緯と育まれていく心の部分が丁寧に描かれている。4人がそれぞれの道を歩み始めた頃からの疾走感も良く、クライマ ...

オールド・ボーイ

オールド・ボーイ 94点

オールド・ボーイ 映画批評・備忘録 驚きの連続でかなりえぐいバイオレンス作品になっている。面白い。でもえぐい。クライマックスには不快感を感じずにはいられないが、チェ・ミンシクの演技については感嘆し、何もそこまでという描写が心を絞めつける、不 ...

JSA

JSA 93点

映画批評・備忘録 分断されている北朝鮮と韓国の兵士たちの友情と悲劇の物語。この映画を簡単に説明すると前述のようなものになりますが、この映画の編集・構成はサスペンス、ミステリーなものとなっており、ソフィー少佐役(イ・ヨンエ)を通して”謎”が解 ...

アタック・ザ・ガス・ステーション!

アタック・ザ・ガス・ステーション! 81点

映画批評・備忘録 面白さがジワジワくる映画。物語の序盤は唐突的で短絡的な描写が続くため、ん~??なんか微妙な感じがしてきたな。。。。。と思いきや中盤から登場人物の回想によりそれぞれの人物像が浮かび上がるにつれて、彼らの行動の意味が理解できて ...

シュリ

シュリ 92点

映画批評・備忘録 この映画が公開され、韓国映画がすごい!と話題を呼ぶ。思えば、この映画を皮切りに次々と韓国映画が国内で上映されるようになったように思う。シュリは、分断された祖国が背景にあるため語らずともリアルであり、現在の北朝鮮を見る限りで ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.