「 2016年 」 一覧

パッセンジャー

パッセンジャー 81点

パッセンジャー 映画批評・備忘録 極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペーススペクタクルロマン「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」 過去のSF映画やドラマのエレメント ...

ロスト・バケーション

ロスト・バケーション 80点

ロスト・バケーション 映画批評・備忘録 ゴシップ・ガールのヒロイン役で一躍トップスターに躍り出たブレイク・ライヴリー主演映画。ブレイクが魅力的なのは、もちろんの事、この映画はこれまでのサメ映画とは一線を画す新しいサメ映画となっています。 邦 ...

バイオハザード: ザ・ファイナル

バイオハザード: ザ・ファイナル 66点

バイオハザード: ザ・ファイナル 映画批評・備忘録 カプコンのサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原作とした、ポール・W・S・アンダーソン製作の実写映画版シリーズ第6作の最終作。 今作が果たして最終話でいいのかどうかという出演 ...

貞子vs伽椰子

貞子vs伽椰子 70点

貞子vs伽椰子 映画批評・備忘録 キャッチコピーは、「どっちの呪いが、最恐か。」、「呪い勝つのは、どっちだ!?」、「日本ホラーの歴史を破壊する、"最恐のラスト"!」。『リング』シリーズの山村貞子と『呪怨』シリーズの佐伯伽椰子というジャパニー ...

アイアムアヒーロー

アイアムアヒーロー 85点

映画批評・備忘録 大泉洋がハマリ役で、ZQN(ゾキュン)の造形が素晴らしく良くできており、スタッフの優秀さによって低予算をカバーし、大作映画と見劣らない質の高いゾンビ映画に仕上がっている。何よりも日本でのゾンビ映画の世界観を築けており、コピ ...

珍遊記

珍遊記 5点

映画批評・備忘録 伝説のクソ漫画を実写化!そして見事にクソ映画! 監督や俳優がどうこうというより、製作会社の趣味の悪さと頭の悪さに戦慄を覚える。 憎しみのマイナス採点すら与えたくない作品。伝説のギャグ漫画、伝説どおりギャグがつまらない。 採 ...

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 66点

映画批評・備忘録 良い意味でも悪い意味でも娯楽時代劇で、コメディタッチで明るい信長を楽しむ映画。小栗旬の痛快時代劇と言っていいだろうし、もっとも信長のイメージから遠い人が演じる信長っていうのも新しい。 小栗旬の演技は堂々として作品に合ってい ...

シャークネード4

シャークネード4 ザ・フォース・アウェイクンズ 61点

映画批評・備忘録 シリーズ4作目ともなると、出演者の息もピッタリの演技とお約束的演出も嫌味なく楽しめる。3作目のラストの落ちシーンから、今作ではママが遂にアンドロイドに! シリーズ最高の圧倒的なスケール感! 採点の内訳 脚本:25点 演技・ ...

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world 46点

映画批評・備忘録 シリーズの中で映像に対する予算が増えているものの、肝心の脚本が作品の面白さを半減させてしまっている。前作ではデスノートの保有者がカリスマ性と目的意識を持った賢い人であり、天才VS天才の構図があり心理戦・頭脳戦が緊張感を高め ...

テラフォーマーズ

テラフォーマーズ (マイナス)-64点

2017/07/26   -2010年代, SF, アクション
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

映画批評・備忘録 デビルマンを超える愚作が誕生!原作はベストセラー漫画、演技派のベテランと今が旬の豪華なキャスト陣、監督は鬼才三池崇史、原作重視の脚本!どうしてこうなった? 原作本を全巻読んで、OVAを見ている自分としては、これ以上ない最悪 ...

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス 59点

HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス 映画批評・備忘録 演出やキャラクター設定がスパダイーマンを筆頭に他作品のコピーが多く、変態じゃなかったらただのパクリ作品になってしまう。ほぼ前作のキャストで前作よりスケールアップはしているが、変態レ ...

血まみれスケバンチェーンソー

血まみれスケバンチェーンソー 65点

映画批評・備忘録 一応、学園青春映画ではあるものの、ロバート・ロドリゲスもびっくりのハチャメチャスプラッタームービーでパンチラとゴア演出が続くエロ・グロ映画になっている。内田理央の怪演とパンチラだけで最後まで見れる映画。全体的に特撮やVFX ...

スーサイド・スクワッド

スーサイド・スクワッド 69点

映画批評・備忘録 つまらいこともないが、すごく面白いわけでもない映画。冒頭はアルマゲドンのような各キャラクターの説明が続く、これがやや長いこともあり睡魔に襲われてしまった。この映画の見どころは、ジョーカーの恋人であるハーレイ・クインの魅力に ...

デッドプール

デッドプール 82点

映画批評・備忘録 ウルヴァリン: X-MEN ZEROで、最強の敵役だったウェイド役のライアン・レイノルズが、今作もウェイド役を演じているが、ストーリーは別設定となっており、口を閉じられてはいないし、レーザー光線を発射したりはしない。 セッ ...

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 92点

映画批評・備忘録 ジョージ・ルーカスには悪いが、ギャレス・エドワーズ監督の方が、セリフや戦闘シーンの見せ方はスターウォーズシリーズの中では突出した出来映えだった。今までのスターウォーズでは、ストーリーに感動するということは無かったが、今作は ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.