「 2015年 」 一覧

予告犯

予告犯 80点

予告犯 映画批評・備忘録 高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督と生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化。 キャストに主演クラスの豪華俳優が出演し、バイオレンス要素を抑え、エンター ...

チャッピー

チャッピー 83点

チャッピー 映画批評・備忘録 2004年にブロムカンプが製作した短編映画『Tetra Vaal 』を長編映画化したものである。「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、感情を持ったロボット“ チャッピー”の姿を描く近未来ハード ...

極道大戦争

極道大戦争 49点

極道大戦争 映画批評・備忘録 監督の三池崇史は「サヨナラ、軟弱で退屈な日本映画。誰も望んではいませんが、勝手に初心に戻って大暴れです」と意気込んだ。バンパイアのヤクザに噛みつかれた人間が次々とヤクザ化してしまうという荒唐無稽な世界を、三池崇 ...

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド 43点

映画批評・備忘録 監督は樋口真嗣、脚本は映画評論家の町山智浩と実写映画版『GANTZ』を手がけた渡辺雄介が共同担当し、映画のストーリーは原作の諫山監修により、原作をベースにオリジナルの要素を加えたものとなっている。 前編に引き続き、後編も劇 ...

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 60点

映画批評・備忘録 監督は樋口真嗣、脚本は映画評論家の町山智浩と実写映画版『GANTZ』を手がけた渡辺雄介が共同担当し、映画のストーリーは原作の諫山監修により、原作をベースにオリジナルの要素を加えたものとなっている。 今作は劇場で見たわけです ...

オデッセイ

オデッセイ 86点

映画批評・備忘録 アンディ・ウィアーの小説『火星の人』(2011年出版)を原作としている。火星に一人置き去りにされた宇宙飛行士の生存をかけた孤独な奮闘と、彼を救いだそうとする周囲の努力を描く。 火星版キャスト・アウェイといった感じの作品で、 ...

新宿スワン

新宿スワン 65点

映画批評・備忘録 若年層向けのVシネマのような映画。園子温監督にしては、全てが控えめな表現に留まっており興行を重視した表現の範囲になっている。このあたりは監督の園子温がどうこうというより、鈴木おさむの脚本が影響しているようにも思える。爽やか ...

映画 みんな!エスパーだよ!

映画 みんな!エスパーだよ! 70点

映画批評・備忘録 けしからん!スケベな映画です(笑) 原作の漫画もドラマも見てないので、この映画を楽しく観賞できました。 出演者は、いろいろな意味で。。。それぞれ持ち味が出ていてすごくスケベで面白いんです。 超能力学園Z的なノリを意識したの ...

アルティメット・エージェント

アルティメット・エージェント 60点

映画批評・備忘録 一時代を築いた名優達の共演。現金300万ドルと大量のコカイン。記憶を失った男と彼を追う者たちの熾烈なる争奪戦を描く、超弩級クライム・アクション! ! ドルフ・ラングレン、マイケル・パレの老け具合が個人的にはちょっとショッキ ...

アウターマン

アウターマン 60点

映画批評・備忘録 河崎実監督による、日本特撮界へのアンチテーゼを込めたパロディ作品である。 クソ映画と思いきや、脚本が練られていて、いかにも演技や演出がこの手のものらしい(特撮)ものだが、それも恐らく狙い通りで、ブラックユーモアがあって面白 ...

ピクセル

ピクセル 65点

映画批評・備忘録 80年代に大人気だった『パックマン』『ギャラガ』『ドンキーコング』など、クラシックアーケードゲームのキャラクターが登場、懐かしさもあり当時子供だったおじさんには結構楽しめる映画になっている。期待通りアダム・サンドラー筆頭に ...

シャークネード エクストリーム・ミッション

シャークネード エクストリーム・ミッション 50点

映画批評・備忘録 Z級映画の最高峰シャークネード遂に宇宙へ!前作よりパロディ色が濃くなり、演出面でギャグ要素が増えている。主人公の父親役でナイト・ライダーのデヴィッド・ハッセルホフが出演。これは嬉しいサプライズ。 採点の内訳 脚本:20点 ...

レヴェナント: 蘇えりし者

レヴェナント: 蘇えりし者 90点

映画批評・備忘録 アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督、レオナルド・ディカプリオとも、本作品でそれぞれアカデミー賞を獲得した。イニャリトゥは2度目の監督賞、ディカプリオは5度目のノミネートにして初の主演男優賞。 撮影は極地で行われ、凍 ...

劇場霊

劇場霊 32点

映画批評・備忘録 もはやホラー映画というよりコメディ映画にも見える演出の数々、意図的なのかツッコミどころが満載の作品になっている。ぱるること島崎遥香の女優とは思えない女優役の演技が最大のホラーかもしれない。セリフはお世辞にも上手いとは言えな ...

シンデレラ

シンデレラ 84点

映画批評・備忘録 えっ監督、ケネス・ブラナーだったの?っていうほど彼のカラーが無く、王道シンデレラ・ストーリーとして完成されている。女の子の夢をブチ壊すことなく、素敵な世界をそのまま実写化できるのはさすがディズニー。ガラスの靴は、クリスタル ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.