「 2013年 」 一覧

ウォーム・ボディーズ

ウォーム・ボディーズ 86点

ウォーム・ボディーズ 映画批評・備忘録 食べるつもりで襲った人間の女子に一目ぼれしてしまったゾンビ男子Rの恋を描く異色のゾンビラブコメディ。 日本国内ではマイナーな作品になりますが、「ゾンビ映画」歴代北米興行収入ランキングトップ25(201 ...

シークレット・ミッション

シークレット・ミッション 82点

シークレット・ミッション 映画批評・備忘録 北朝鮮のエリートスパイたちに下された極秘任務とその孤独な戦いを描き、2013年映画興行成績5位、観客動員数600万人超えの韓国大ヒット作! 第50回大鐘賞:新人俳優賞(キム・スヒョン)を受賞。 ス ...

World War Z

ワールド・ウォーZ 83点

2018/04/15   -2010年代, パニック, ホラー
 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

ワールド・ウォーZ 映画批評・備忘録 2億ドルの製作費をかけ、旬のスタッフを起用した迫力ある映像とB級テイストを取り除いた真面目なゾンビ映画。ゾンビ映画にしてはスペクタル要素があり、イスラエルのゾンビが群れで壁を乗り越えてくるシーンなどは圧 ...

悪霊のはらわた

悪霊のはらわた 64点

悪霊のはらわた 映画批評・備忘録 スウェーデン発の決して死なない悪霊との戦いを描いたスプラッター・ホラー!にして「死霊のはらわた」ほぼパクリのオマージュ作品。 死霊のはらわたを意識して撮られていることは間違いない作品であり、邦画などに見られ ...

俺はまだ本気出してないだけ

俺はまだ本気出してないだけ 60点

俺はまだ本気出してないだけ 映画批評・備忘録 小学館「月刊IKKI」で連載されていた青野春秋の人気漫画を実写化したコメディー・ドラマ。 何となく会社を辞めた42歳のバツイチ中年男が、ゲームに明け暮れ、娘に借金し、グズった果てに家出するという ...

武器人間

武器人間 58点

武器人間 映画批評・備忘録 フランケンシュタインの末裔のマッドサイエンティストが創り出した、死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士が大暴れする恐怖をファウンド・フッテージの手法で描いた作品。 監督は、物語を描きたいのではなく武器人間(フラ ...

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 85点

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 映画批評・備忘録 スティーヴン・ソマーズ監督がディーン・R・クーンツの人気小説を映画化。 カテゴリー分けとしては、ホラー・サスペンスなものの、どちらかというとファンタジー系でグロいシーンもソフトな演出の ...

謝罪の王様

謝罪の王様 72点

映画批評・備忘録 脚本・宮藤官九郎、主演・阿部サダヲ、監督・水田伸生の『舞妓Haaaan!!!』『なくもんか』チームによる作品である。キャッチコピーは「謝るとき、人は誰でも主人公。」 井上真央が初見だとシシドカフカみたいな感じで一瞬誰だか分 ...

エリジウム

エリジウム 81点

映画批評・備忘録 アカデミー賞4部門にノミネートされた『第9地区』(2009年)のニール・ブロムカンプが脚本、監督を務めている。前作では出身地の南アフリカ共和国に残る人種差別問題をSFエンターテインメント作品に仕立て上げたが、本作でも現代の ...

脳男

脳男 81点

映画批評・備忘録 二階堂ふみの怪演と生田斗真の怪演が作品を盛り上げて面白い!松雪泰子の色気と幸薄な雰囲気も良い。石橋蓮司や夏八木勲の重厚さ、若手からベテランまで演技力がある俳優が揃っていて物語に奥行きが出ている。キャストは抜群だった作品。邦 ...

風俗行ったら人生変わったwww

風俗行ったら人生変わったwww 52点

風俗行ったら人生変わったwww 映画批評・備忘録 2011年に、インターネットの電子掲示板である2ちゃんねるへの書き込みを素にしたラブストーリー(恋愛小説)。2012年に小学館から書籍化された。2013年に映画化。 リアリティは皆無に等しい ...

地獄でなぜ悪い

地獄でなぜ悪い 63点

映画批評・備忘録 園子温監督作品。バイオレンス・ブラック・コメディ(B級)で好き嫌いがはっきりと分かれる作品。 二階堂ふみが、ものすごく魅力的に見えてくる錯覚なのか。。。どうかは分からないが、ともかく二階堂ふみが魅力的ですごくいい! 作中頻 ...

ファイ 悪魔に育てられた少年

ファイ 悪魔に育てられた少年 91点

映画批評・備忘録 ヨ・ジング、キム・ユンソク主演のサスペンスアクション。学校に通う代わりに“5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った17歳のファイ。残酷な人生を背負ったファイと、彼を取り巻く男たちの凶行は容赦なき運命に導かれて疾走し ...

パシフィック・リム

パシフィック・リム 90点

映画批評・備忘録 太平洋の海底から次々と現れる巨大怪獣に、兵士2人がペアとなって操縦する巨大ロボットで立ち向かう姿を描いている。 日本のロボットアニメや特撮シリーズの美味しいところを、ギレルモ・デル・トロ監督がセンス溢れる映像と脚本に反映さ ...

シャークネード

シャークネード 60点

映画批評・備忘録 Z級映画の最高峰!シャークネード。ツッコミどころ満載でサービス精神旺盛、見てるものを飽きさせない展開とテレビ映画の安っぽさが逆に愛らしく感じてしまうほど、サメ一色に染まっている映画。台風に乗って人食いザメが飛んでくるという ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.