「 2011年 」 一覧

グリーン・ランタン

グリーン・ランタン 33点

グリーン・ランタン 映画批評・備忘録 宇宙の平和を守る宇宙警察機構“グリーン・ランタン”の一員となった男の戦いを壮大なスケールで描いたSFアクション映画。 DCコミックを代表するスーパーマンやバットマンに次ぐヒーローで、非常に期待された作品 ...

プリースト

プリースト 67点

プリースト 映画批評・備忘録 韓国の漫画家ヒョン民友のマンファ『PRIEST』を原作としている。 世界観はよく描かれていて、キャストの演技も良いのでラストまで見ていられる内容ではある。しかし、中世と近未来の融合したSFっぽさは良いものの、全 ...

わたしを離さないで

わたしを離さないで 87点

わたしを離さないで 映画批評・備忘録 2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロが2005年に発表した同名のSF小説を原作とするドラマ映画。 ストーリー上、すごい鬱映画にして心を打つ映画。若手キャストの演技力が光り、キャリー・マリガ ...

DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆 73点

映画批評・備忘録 海猿シリーズで感動できる人ならこちらの映画も涙ホロホロ感動物語で楽しめます。細かいツッコミどころは満載なものの、市原隼人の熱い!演技と名犬達の活躍はかなり見応えがあって面白いです。海猿同様に後半の盛り上がり感やスリリングで ...

八日目の蝉

八日目の蝉 93点

映画批評・備忘録 不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描いたヒューマンサスペンスドラマ。 映画化により小説では表現できないであろう部分が素晴らしい形で表されているし、映像が秀逸で、風 ...

遊星からの物体X ファーストコンタクト

遊星からの物体X ファーストコンタクト 87点

映画批評・備忘録 1982年度版遊星からの物体Xの前日譚となる作品。さすがに1982年とは特撮技術が違うので迫力ある気持ち悪い映像が飛び出してくるが、前作ほどの驚きはないが今作は前作ファンであればエンターテイメント作品として楽しむことができ ...

あしたのジョー

あしたのジョー(マイナス)-65点

映画批評・備忘録 この映画に矢吹丈もいなければ、力石徹もいない。はたまた、白木葉子も丹下段平も登場していない。 映画規模で行った学芸会コント作品と言っていいだろう。 脚本の中に、原作に登場する人物を構成する上で大切な部分が完全に抜け落ちてい ...

サプライズ

サプライズ 74点

映画批評・備忘録 トロント国際映画祭やアメリカのファンタスティック・フェストなど、各国の映画祭で話題を集めたシチュエーションスリラー。 ストーリー序盤は、微妙な演出が続く(パニックだから。。。)バカな行動をとり続ける登場人物達。それが後半の ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.