「 2009年 」 一覧

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー 62点

鴨川ホルモー 映画批評・備忘録 日本の小説家・ 万城目学の青春ファンタジー小説を映画化。京都を舞台にしたコメディタッチで描く、千年前から続くとされる、謎の祭り“ホルモー”を行うサークルに入った、大学生たちの青春物語。 物語序盤は、ちょっと痛 ...

13日の金曜日

13日の金曜日 66点

13日の金曜日 映画批評・備忘録 『13日の金曜日』のリブート・リメイク作品で、ストーリーや設定はオリジナルの1-4作目を詰め込んだ内容で、主人公役にはスーパー・ナチュラルのサム役で有名なジャレッド・パダレッキを起用して話題になった。ジェイ ...

ネスト

ネスト 73点

ネスト 映画批評・備忘録 アイルランドの作家ジョン・コナリーの短編小説を映画化したサスペンス・ホラー映画。 両親が離婚し、転校してきたことから学校で馴染むことができず、イジメられながらも思春期を迎えた女の子とその父親の家族ドラマと不気味な地 ...

PUSH 光と闇の能力者

PUSH 光と闇の能力者 49点

PUSH 光と闇の能力者 映画批評・備忘録 題名の「PUSH」は、作中での「他人に異なる記憶を押し込む精神操作能力」のことを指す。 スキャナーズとXメン、AKIRAなどのサイキックSFの世界観が融合したような感じはするものの、能力の演出方法 ...

ディセント2

ディセント2 76点

ディセント2 映画批評・備忘録 スティーブン・キングが絶賛し、この10年で最高のホラーと謳われた傑作ホラー『ディセント』の続編。前作の監督のニール・マーシャルは製作総指揮に回り、編集のジョン・ハリスが監督する。 前作の余韻があり、あっという ...

ゾンビランド

ゾンビランド 80点

ゾンビランド 映画批評・備忘録 全世界で1億ドル以上を稼いだ大ヒットゾンビムービー! 新型ウイルスの爆発感染で人類の大半が人喰いゾンビになってしまった世界で、引きこもり青年のコロンバスは、“生き残るための32のルール”を作り実践して生き延び ...

南極料理人

南極料理人 75点

映画批評・備忘録 原作は海上保安官出身の西村淳のエッセイ『面白南極料理人』。 南極(撮影したロケ地は北海道網走市)という極限での生活感はほぼ感じられず、ほのぼのとした人間模様を描いている。 美味しそうな料理が見所でもある今作。おにぎりから伊 ...

第9地区

第9地区 77点

第9地区 映画批評・備忘録 地球に難民としてやってきたエイリアンと、それを抑圧する人類の対立をドキュメンタリー風に描いた作品。舞台となった南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策が反映されたストーリーになっている。ドキュメンタ ...

500日のサマー

(500)日のサマー 92点

(500)日のサマー 映画批評・備忘録 この映画のファンは、世界中にいて万国共通の恋愛感覚を共有している。 そんな中に自分もいる。女性はサマーに共感し、男性はトムに共感する。もちろんその逆も。恋愛ハイと恋愛鬱を見事に表現しきってる。 FBに ...

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 77点

映画批評・備忘録 こんな木村拓哉は見たことない!これだけで一見の価値はある映画です。 キリストの受難を題材にした抽象的な雰囲気の作品ですが、非常に残酷な描写や痛々しいシーンが多くあり、また、その多くは木村拓哉が演じています。 批評家の評価が ...

BALLAD 名もなき恋のうた

BALLAD 名もなき恋のうた 73点

映画批評・備忘録 山崎貴監督は、VFX担当者としては優秀だと思うが、監督としての総合演出力はかなり下手だと思う。樋口真嗣監督と似たもの同士かもしれない。 この映画全般的にツッコミどころは満載過ぎるものの、親子揃って見に行く映画としては悪くな ...

愛のむきだし

愛のむきだし 73点

愛のむきだし 映画批評・備忘録 20年ほど前に園子温監督が知り合った「盗撮のプロ」の実話を基に製作され、自身の体験や取材を組み込んだ3時間57分に及ぶ純粋かつ壮絶な恋愛叙事詩。 メインの3人の輝きが凄く、それぞれが個性的であり超人的であり変 ...

映画 2012

2012 56点

映画批評・備忘録 全世界で7億6967万ドルの興行収入を稼ぎ出した製作費2億ドルの超大作。 古代マヤ人が2012年の冬至ごろに訪れると予想した人類滅亡に関する幾つかの仮説を元に製作された。これはメソアメリカ文明の長期暦において、2012年1 ...

TAJOMARU

TAJOMARU 65点

映画批評・備忘録 冒頭がお遊戯会過ぎて残念なシーンからスタート。見終わったら最初のシーンはもうちょっと違ったやり方あったんじゃないかと思うんです。この映画は酷評評価が多いものの、結構面白い内容で俳優は若手、ベテランのバランスが良く、個性も出 ...

処刑人Ⅱ

処刑人II 75点

映画批評・備忘録 今回は主人公たちのルーツが解き明かされていく内容となっており、1作目を見ていないと分からない事になるので1作目を見てから2作目を見ることをお薦めします。1作目ほどの映像的な斬新さは感じないものの、魅力的な捜査官を演じるジュ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.