「 2005年 」 一覧

アイランド

アイランド 81点

アイランド 映画批評・備忘録 ワーナー・ブラザースとドリームワークスが共同制作したマイケル・ベイ監督のSFアクション映画。 今作もベイ・ヘム全開の序盤から中盤まで、ストーリー、アクションともに良くできておりハラハラしながら楽しめるエンターテ ...

ディセント

ディセント 82点

ディセント 映画批評・備忘録 スティーブン・キングが大絶賛したニール・マーシャル監督が放つホラーサスペンス。地下洞窟へ冒険旅行に出掛けた6人の女性たちが、落盤により出口は塞がれ、想像を絶する恐怖に襲われる物語。 序盤の事故シーンや後半の白昼 ...

ゾンビ自衛隊

ゾンビ自衛隊 35点

ゾンビ自衛隊 映画批評・備忘録 インディーズ映画のオリジナルビデオ作品のため、予算不足もあり粗いCGや映像であるものの、オマージュが多いこともありゾンビ系映画が好きな人であればコメディとして楽しめそうです。 「地獄でなぜ悪い」と規模の違いは ...

Sad Movie/サッド・ムービー

サッド・ムービー 80点

サッド・ムービー 映画批評・備忘録 8人の男女に訪れる様々な別れの瞬間を描く、韓国発のオムニバスドラマ。チョン・ウソンのような大スターから、のちに大スターになる「ファイ 悪魔に育てられた少年」で主演したヨ・ジング(子役)が出演している。「猟 ...

蝋人形の館

蝋人形の館 85点

映画批評・備忘録 チャールズ・ベルデンの戯曲を原作とするホラー映画。1933年版、1953年版に続く3度目の映画化。 ストーリーの展開がとてもテンポ良く、あっという間にエンディングを迎えてしまうほど、よくできたホラー映画です。悪く言えば単調 ...

メノット

メノット 35点

メノット 映画批評・備忘録 揺れる藤本綾のおっぱいを見るための映画。サスペンスなのか官能なのかよくわからない脚本で2時間ドラマより内容が薄く効果的な演出も皆無。ともかく我慢に我慢を重ねて藤本綾の裸を愛でる映画。 ※藤本綾の映画初主演にして芸 ...

フライトプラン

フライトプラン 59点

映画批評・備忘録 この作品の脚本でよくジョディ・フォスターが出演を決めたなぁ~???と思えるほど、かなり無理のあるストーリーで、ジョディ演じる主人公の女性も全く共感できないゴーマン女(旦那を亡くしたばかりで情緒不安定ではある)で、他の乗客の ...

ザ・リング2

ザ・リング2 81点

映画批評・備忘録 エイダン役のデヴィッド・ドーフマンが、天才子役ぶりを発揮、これ以上ないほど素晴らしい演技で今作でも作品に大きく貢献している。レイチェル役のナオミ・ワッツも母親の息子への強い愛を表現できているのでホラーというより母子の絆の物 ...

プラネット・オブ・エイリアン

プラネット・オブ・エイリアン 14点

映画批評・備忘録 超ド級のB級映画。猿の惑星をベースにしたストーリーで、第9地区のエイリアンに似たシロアリ星人が登場。人間の頭をペロリと丸かぶりする恐ろしい奴。シロアリ星人に征服された地球を開放すべく、ブルース・キャンベル演じるアイバンが大 ...

コンスタンティン

コンスタンティン 85点

映画批評・備忘録 サタンなんかの魔王が出てくる話は、壮大になりすぎて失敗してしまう映画が多い中、コンスタンティンは大成功した映画。悪魔祓いのシーンやハーフブリードとの対決シーンは、キアヌ・リーブスが超カッコイイ。キアヌのやさぐれ感がいい味を ...

隣人13号

隣人13号 83点

隣人13号 映画批評・備忘録 原作漫画と切り分けて見れば、かなり楽しめる作品。どうしようもないコミック実写化の中では、優れた作品の一つで監督と俳優の才能が存分に味わえる。 映画脚本として、よく練られた作品であり、また監督の表現も変態かつユニ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.