「 1993年 」 一覧

ギルバート・グレイプ

ギルバート・グレイプ 81点

ギルバート・グレイプ 映画批評・備忘録 ピーター・ヘッジスの同名小説の映画化。レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされた。 ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイスと唯一無二の若手俳優が揃って出演してい ...

幸福の条件

幸福の条件 38点

幸福の条件 映画批評・備忘録 ジャック・エンゲルハードの同名小説を、ロバート・レッドフォード主演で映画化した作品。共演者にデミ・ムーアとウディ・ハレルソンなど、豪華な出演陣ではあったが、その年のゴールデンラズベリー賞のほとんどの部門にノミネ ...

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン 77点

フォーリング・ダウン 映画批評・備忘録 ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。 ドナルド・トランプの台頭やアラフォー・クライシスを予感させる90年代の毒にも薬にもな ...

バラ色の選択

バラ色の選択 80点

バラ色の選択 映画批評・備忘録 マイケル・J・フォックスとガブリエル・アンウォーが織り成すラブ・コメディ。 この映画、大好きなんです!夢見がちな男には、心地よい刺激があって明日への希望が持てる映画。マイケル・J・フォックスの気持ちの良いキレ ...

フィラデルフィア

フィラデルフィア 81点

映画批評・備忘録 エイズとゲイにまつわる偏見を法廷で覆してゆく物語。 この映画が公開された頃は、エイズ・HIVの偏見は今以上に散見されていて、この映画のストーリーは世の中の偏見を覆すことに大きく貢献した社会的意義の高いものだった。 やせ細っ ...

ジャック・サマースビー

ジャック・サマースビー 82点

ジャック・サマースビー 映画批評・備忘録 製作と主演を兼ねるリチャード・ギアが、フランス映画「THE RETUN OF MARTIN GUERRE」を米国でリメイク。衝撃のクライマックスが感動を呼ぶ、ミステリアス・ラブ・ストーリー。 今作は ...

日の名残り

日の名残り 88点

映画批評・備忘録 2017年ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロの同名の小説を映画化。 このまま、何も言わずに 愛し続けたい。カズオ・イシグロのベストセラー小説を巨匠ジェームズ・アイヴォリーが映像化した珠玉の名作。 原作者のカズオ・イシ ...

硝子の塔

硝子の塔 49点

映画批評・備忘録 「フラットライナーズ」で、盗撮趣味(セックス・テープ愛好家)のハンサムな変態を演じたウィリアム・ボールドウィン再び。。。と、「氷の微笑」で魔性の女を演じたシャロン・ストーン再び。。。って具合に2作品が融合した作品で、セルフ ...

めぐり逢えたら

めぐり逢えたら 85点

めぐり逢えたら 映画批評・備忘録 最高にキュートなメグ・ライアンとごく普通の男性を演じるトム・ハンクスの肩がこらないラブ・ストーリー。この作品で唯一の犠牲者であるビル・プルマン演じるアニー(メグ・ライアン)の婚約者ウォルター。もし自分がウォ ...

ドラゴン/ブルース・リー物語

ドラゴン/ブルース・リー物語 90点

映画批評・備忘録 ブルース・リーの伝記映画として見ても面白く、カンフー映画として見ても面白く、人種差別を乗り越えていくヒューマン・ラブ・ストーリーでもある。ブルース・リーを通して多くのことを感じ学べる素晴らしい作品。主演のジェイソン・スコッ ...

ヒドゥン2

ヒドゥン2 (マイナス)-5点

映画批評・備忘録 前作ヒドゥンのラストシーンを冒頭に使っており、面白いのはそこだけという悲惨すぎる出来の続編。 前作は一体なんだったんという脚本の迷走が全て。 ともかくつまらない。 採点の内訳 脚本:-25点 演技・演出:8点 撮影・美術: ...

タイム・アクセル 12:01

タイムアクセル12:01 84点

映画批評・備忘録 12:01になると同じ一日を何度も繰り返すタイムループ・サスペンス。 この映画の影響を受けている作品が、公開後以降の多くの作品に見受けられる。タイムループ系映画のパイオニア的作品。 主人公がタイムループによって、学習してい ...

アダムス・ファミリー2

アダムス・ファミリー2 82点

アダムス・ファミリー2 映画批評・備忘録 前作で人気を博して制作された続編。 前作のラストでモーティシアが子供を授かったことを暗示させた事で、二人の子供が登場。今作では、生まれた赤ちゃんに兄と姉が嫉妬してしまうというのは現実でも良くある話な ...

トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス 86点

映画批評・備忘録 タランティーノの脚本の映画ではこれが1番好きな作品。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。 タランティーノの脚本も素晴らしいが、監督のトニー・スコットの疾走感ある映像編集と見せ方の上手さが際立っている。タランテ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.