「 1989年 」 一覧

アビス

アビス 76点

アビス 映画批評・備忘録 深海に潜む生物体との遭遇を描くアドベンチヤー・ロマン。本作は140分の公開版と、171分の完全版が存在する。 ジェームズ・キャメロン監督が高校時代に書き記した短編小説を原作とし、自身の手でそれに新たな肉付けを施し映 ...

リバイアサン

リバイアサン 68点

リバイアサン 映画批評・備忘録 謎の怪物によって襲われる深海基地に従事する研究員たちの恐怖を描いたSFホラー映画。 1989年は、『ザ・デプス』『アビス』と深海を舞台にした映画が次々に製作され公開された年で、特にリバイアサンとザ・デプスは似 ...

ザ・デプス

ザ・デプス 62点

ザ・デプス 映画批評・備忘録 深海を舞台にしたSFモンスター映画。『ザ・フライ』のクリス・ウェイラスがクリーチャー・デザインを手がけた。 深海版のエイリアンともいえる今作品、同時期に『アビス』や『リバイアサン』などの深海が舞台の映画が公開さ ...

血と砂

血と砂 50点

血と砂 映画批評・備忘録 アンダルシア地方を舞台に、スペインの人々が対峙する“光と影”を、闘牛を通して鮮やかに映し出したドラマ。ヴィセンテ・ブラスコ・イバニェスの小説『血と砂』を'1922年、'1941年に続く3度目の映画化。 いわゆるリメ ...

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 98点

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2 映画批評・備忘録 映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の続編。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ3部作の2番目にあたる。 前作に続いて2作目も傑作で、斬新さはこちらの方が脚本としては面白 ...

ペット・セメタリー

ペット・セメタリー 75点

映画批評・備忘録 主題は“愛するが故に、呪いの力を借りてまでも死んだ家族を生き返らせようとしてしまう”という「人間愛・家族愛の哀しさ、人間の愚かさ」といった点に置かれている。 原作・脚本のスティーヴン・キングのお気に入り映画で、牧師役でカメ ...

ザ・フライ2 二世誕生

ザ・フライ2 二世誕生 77点

映画批評・備忘録 1958年に公開された映画『ハエ男の恐怖』のリメイク作品にあたる1986年作品『ザ・フライ』の続編。 良くも悪くも前作はクローネンバーグの芸術作品で、今作はハリウッド映画ですよ!っていうような違いがある。そういう意味では前 ...

グローリー

グローリー 90点

映画批評・備忘録 アメリカ南北戦争の史実を元に描かれた傑作映画。エドワード・ズウィック監督らしい熱き男達の感動と悲哀があり、人間としての尊厳をストーレートに問いてくる魂に響かせる演出が素晴らしい! 当時はまだ無名だったデンゼル・ワシントン、 ...

どついたるねん

どついたるねん 90点

どついたるねん 映画批評・備忘録 赤井英和は1985年2月5日に行われた大和田正春との試合後、意識不明に陥り急性硬膜下血腫・脳挫傷で開頭手術を行い現役を引退、奇跡的に回復したもののボクシングへの情熱は断ちがたく、危険を承知の上で当時日本ミド ...

キックボクサー

キックボクサー 72点

映画批評・備忘録 ジャン=クロード・ヴァン・ダムの出世作! 香港映画ばりの猛特訓とシンプルなストーリー展開。主人公が修行過程で、ローキックを連発し、木を圧し折るシーンに胸熱になった人は多いんじゃない? トン・ポー役ミシェル・クイシとジャン= ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.