「 藤原竜也 」 一覧

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 44点

バトル・ロワイアルII 鎮魂歌 映画批評・備忘録 製作発表時、深作欣二監督は前立腺癌の脊椎転移を告白。命ある限り、と完全燃焼を誓う。撮影は2002年12月16日から開始されたが、12月21日には深作欣二が入院。翌2003年1月7日からは当面 ...

バトル・ロワイアル

バトル・ロワイアル 84点

バトル・ロワイアル 映画批評・備忘録 高見広春の同名小説『バトル・ロワイアル』を原作として、2000年に公開された日本映画。キャッチコピーは『ねえ、友達殺したことある?』。興行収入30億円を超えるヒット作品になり続編も製作されました。 公開 ...

22年目の告白 -私が殺人犯です-

22年目の告白 -私が殺人犯です- 80点

22年目の告白 -私が殺人犯です- 映画批評・備忘録 2012年の韓国映画『殺人の告白』をリメイクしたスリラー映画、監督は、「SR サイタマノラッパー」の入江悠。アクション・サスペンス調であった韓国版に対し、本作では社会派サスペンスとしての ...

MONSTERZ モンスターズ

MONSTERZ モンスターズ 59点

映画批評・備忘録 中田秀夫監督×主演:藤原竜也 山田孝之 すべての人間を操る男 VS 唯一操ることが出来ない男。新時代のアクションサスペンスエンターテイメント映画。 と謳っているが予想超えるギャグ演出が続き、中田監督大丈夫か?と心配してしま ...

デスノート Light up the NEW world

デスノート Light up the NEW world 46点

映画批評・備忘録 シリーズの中で映像に対する予算が増えているものの、肝心の脚本が作品の面白さを半減させてしまっている。前作ではデスノートの保有者がカリスマ性と目的意識を持った賢い人であり、天才VS天才の構図があり心理戦・頭脳戦が緊張感を高め ...

L change the WorLd

L change the WorLd 31点

映画批評・備忘録 デスノートのスピンオフ作品で、L(松山ケンイチ)を主人公としたものだが、Lの評価を各段に下げてしまうような脚本から映像まで相当酷い作品になっている。映画アウトブレイクをスケールダウンさせた内容で”デスノートのL”が主人公で ...

デスノート the Last name

デスノート the Last name 69点

映画批評・備忘録 後編はキラとLとの対決が熾烈を極め、非常に見応えのがある作品に仕上がっている。原作とは違う面白さを引き出した脚本を称えたいと思う。映像については、俳優の演技力頼みのところがあり、全体的に映像はチープなものとなっているのが非 ...

デスノート

デスノート 61点

映画批評・備忘録 作品(原作)の持つパワーが圧倒的で、特撮や演技がチープな出来でも面白く感じてしまう魔力を持っている。基本的に血が流れない描写のため、特撮を使うことなく、素人演技の死に方を繰り返している。このあたりの映像は相当酷い出来で、当 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.