李相國

リング2 リング2

リング2 映画批評・備忘録 映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在しますが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品です。この脚本…

Read More リング2 73点

リング リング

リング 映画批評・備忘録 見た者を1週間後に呪い殺す「呪いのビデオテープ」の謎を追う、鈴木光司の同名小説『リング』を原作とする映画作品。 公開当時は、恐怖のあまり気絶する人も出るなど話題となった今作。僕がこの作品を見たの…

Read More リング 83点

映画 うずまき 映画 うずまき

うずまき 映画批評・備忘録 富江の作者で知られる伊藤潤二の漫画作品の実写化。漫画に負けず劣らず、非常に気持ち悪い映像表現に成功している。主演の2人が意図的に感じるほど棒読みセリフなのが気になるが、助演俳優がバイプレーヤー…

Read More うずまき 70点

どろろ どろろ

興行収入34億5000万円!手塚治虫の漫画どろろの実写映画。 邦画ではめずらしく大作規模の製作費20億円を費やした。 PG-12指定になった割に、ファンタジー色が強く怖さや気持ち悪さは感じられない。 俳優陣としては、主役…

Read More どろろ 60点

デスノート Light up the NEW world デスノート Light up the NEW world

映画批評・備忘録 シリーズの中で映像に対する予算が増えているものの、肝心の脚本が作品の面白さを半減させてしまっている。前作ではデスノートの保有者がカリスマ性と目的意識を持った賢い人であり、天才VS天才の構図があり心理戦・…

Read More デスノート Light up the NEW world 46点

ストレイヤーズ・クロニクル ストレイヤーズ・クロニクル

映画批評・備忘録 原作が、過去の邦画、洋画、海外ドラマの影響を受けすぎていて、設定自体はパクリ感が拭えないため、それを映画化すると、どっかで見た特撮ばかりで斬新さも無く、さらにオリジナルより出来が悪いため”またクソ映画を…

Read More ストレイヤーズ・クロニクル (マイナス)-3点