「 本田博太郎 」 一覧

予告犯

予告犯 80点

予告犯 映画批評・備忘録 高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督と生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化。 キャストに主演クラスの豪華俳優が出演し、バイオレンス要素を抑え、エンター ...

鈍獣

鈍獣 28点

鈍獣 映画批評・備忘録 キャッチコピーは、「なぜ気付かない?なぜ分からない?なぜ…、死なない?」「世界一鈍いアイツが、俺たちの人生を壊しにやってくる」。 おもしろい映画を撮ろうとして、つまらない映画になった感じで、クドカンの脚本が悪いのか監 ...

DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者 0点

DEAD OR ALIVE 犯罪者 映画批評・備忘録 キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。」その通り知らないで見ることにこの映画が伝説となった理由が分かる。「中途半端にラストだけを見る」この映画を楽し ...

DOG×POLICE 純白の絆

DOG×POLICE 純白の絆 73点

映画批評・備忘録 海猿シリーズで感動できる人ならこちらの映画も涙ホロホロ感動物語で楽しめます。細かいツッコミどころは満載なものの、市原隼人の熱い!演技と名犬達の活躍はかなり見応えがあって面白いです。海猿同様に後半の盛り上がり感やスリリングで ...

大帝の剣

大帝の剣 10点

映画批評・備忘録 堤幸彦監督の才能が枯れたと思われる今作。SF時代劇なのでストーリーがハチャメチャなのは分かるとして、特撮がチープな作りだったり、笑えないギャグ演出が映画の進行の妨げ(間の悪さ)になっていたり、期待して見た俺がバカだったわと ...

TAJOMARU

TAJOMARU 65点

映画批評・備忘録 冒頭がお遊戯会過ぎて残念なシーンからスタート。見終わったら最初のシーンはもうちょっと違ったやり方あったんじゃないかと思うんです。この映画は酷評評価が多いものの、結構面白い内容で俳優は若手、ベテランのバランスが良く、個性も出 ...

デビルマン

デビルマン (マイナス)-55点

デビルマン 映画批評・備忘録 脚本が破たんしているため、全ての要素が無茶苦茶になっている。それは最初から最後までそう感じる。 すべてのシーンが唐突に展開され、完結したかどうかわからない状態で次のシーンにつないでくる。もしかしたらキューブリッ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.