「 小日向文世 」 一覧

リング2

リング2 73点

リング2 映画批評・備忘録 映画版『リング』の続編で映画版オリジナル。『リング』には原作、映画版ともに正規の続編『らせん』が存在しますが、本作は『らせん』とは異なる展開を見せる一種のパラレルワールド的な作品です。この脚本を一般公募で募集した ...

仄暗い水の底から

仄暗い水の底から 68点

仄暗い水の底から 映画批評・備忘録 『仄暗い水の底から』(ほのぐらいみずのそこから)は、鈴木光司のホラー短編集、およびその映画化作品である。水と閉鎖空間をテーマとした7編の物語が収録され、そのうちの1編「浮遊する水」が映画化された。 ホラー ...

予告犯

予告犯 80点

予告犯 映画批評・備忘録 高度情報化社会におけるテロリズムを描いた筒井哲也の同名コミックを、『白ゆき姫殺人事件』の中村義洋監督と生田斗真&戸田恵梨香共演で実写映画化。 キャストに主演クラスの豪華俳優が出演し、バイオレンス要素を抑え、エンター ...

CASSHERN

CASSHERN(キャシャーン)70点

CASSHERN(キャシャーン) 映画批評・備忘録 見所はあるものの、面白くはない映画。テーマが重く、映像美や俳優陣の演技力の割にストーリーが入ってこない。紀里谷和明監督も樋口真嗣監督、山崎貴監督と似た特質を持つ(突出した才能はあるが総合演 ...

オーディション

オーディション 79点

映画批評・備忘録 世界の三池を確立した作品にして、ひどく痛い作品。 前半は眠たくなるほど、淡々とストーリーが進み、後半は怒涛の痛い痛い痛すぎる演出が続く。 その苦痛を感じるほどの痛い演出は、国内外を問わず後のスプラッター映画に大きな影響を与 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.