「 小日向文世 」 一覧

CASSHERN

CASSHERN(キャシャーン)70点

CASSHERN(キャシャーン) 映画批評・備忘録 見所はあるものの、面白くはない映画。テーマが重く、映像美や俳優陣の演技力の割にストーリーが入ってこない。紀里谷和明監督も樋口真嗣監督、山崎貴監督と似た特質を持つ(突出した才能はあるが総合演 ...

オーディション

オーディション 79点

映画批評・備忘録 世界の三池を確立した作品にして、ひどく痛い作品。 前半は眠たくなるほど、淡々とストーリーが進み、後半は怒涛の痛い痛い痛すぎる演出が続く。 その苦痛を感じるほどの痛い演出は、国内外を問わず後のスプラッター映画に大きな影響を与 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.