「 小学館 」 一覧

世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ 90点

世界の中心で、愛をさけぶ 映画批評・備忘録 興行収入85億円、観客動員数620万人を記録し、この年の実写映画No.1になった(興行収入85億円も首位)。主題歌の 平井堅「瞳をとじて」も大ヒットした。過去と現在をリンクさせながら描く切なく爽や ...

俺はまだ本気出してないだけ

俺はまだ本気出してないだけ 60点

俺はまだ本気出してないだけ 映画批評・備忘録 小学館「月刊IKKI」で連載されていた青野春秋の人気漫画を実写化したコメディー・ドラマ。 何となく会社を辞めた42歳のバツイチ中年男が、ゲームに明け暮れ、娘に借金し、グズった果てに家出するという ...

信長協奏曲(のぶながコンツェルト)

信長協奏曲(のぶながコンツェルト) 66点

映画批評・備忘録 良い意味でも悪い意味でも娯楽時代劇で、コメディタッチで明るい信長を楽しむ映画。小栗旬の痛快時代劇と言っていいだろうし、もっとも信長のイメージから遠い人が演じる信長っていうのも新しい。 小栗旬の演技は堂々として作品に合ってい ...

闇金ウシジマくん

闇金ウシジマくん 69点

映画批評・備忘録 当時AKB48で活躍中の大島優子を風俗嬢役に抜擢し話題を集める!ファンに不安視されるものの、原作のイメージを損なうことなく原作ファンから一定の評価を貰う。ダーク・ストーリーでありながら興行的に大成功し、続編の制作・シリーズ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.