「 大杉漣 」 一覧

DEAD OR ALIVE 犯罪者

DEAD OR ALIVE 犯罪者 0点

DEAD OR ALIVE 犯罪者 映画批評・備忘録 キャッチコピー「フツーに生きたいなら、このクライマックスは知らない方がいい。」その通り知らないで見ることにこの映画が伝説となった理由が分かる。「中途半端にラストだけを見る」この映画を楽し ...

女優霊

女優霊 81点

女優霊 映画批評・備忘録 映像に漂う空気感や俳優たちのどことなく素人っぽいリアリティがストーリーとマッチしていて非常に怖い作品になっている。主人公の柳ユーレイは、棒読みのようで味のあるセリフ回しや表情がホラー映画と相性が良くこの作品以降も起 ...

映画 うずまき

うずまき 70点

うずまき 映画批評・備忘録 富江の作者で知られる伊藤潤二の漫画作品の実写化。漫画に負けず劣らず、非常に気持ち悪い映像表現に成功している。主演の2人が意図的に感じるほど棒読みセリフなのが気になるが、助演俳優がバイプレーヤー揃いで作品の恐怖に貢 ...

オーディション

オーディション 79点

映画批評・備忘録 世界の三池を確立した作品にして、ひどく痛い作品。 前半は眠たくなるほど、淡々とストーリーが進み、後半は怒涛の痛い痛い痛すぎる演出が続く。 その苦痛を感じるほどの痛い演出は、国内外を問わず後のスプラッター映画に大きな影響を与 ...

闇金ウシジマくん Part3

闇金ウシジマくん Part3 67点

映画批評・備忘録 Y沢翼などが大々的に行っていたアフィリエイト情報商材の販売手法などが話の元になっている。話の展開としては人生の成功を謳い、社会的底辺層から金をむしり取る構図である。 藤森慎吾出演の話は、彼のキャラが良く生きたもので、本筋と ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.