「 ワーナー・ブラザース 」 一覧

アイランド

アイランド 81点

アイランド 映画批評・備忘録 ワーナー・ブラザースとドリームワークスが共同制作したマイケル・ベイ監督のSFアクション映画。 今作もベイ・ヘム全開の序盤から中盤まで、ストーリー、アクションともに良くできておりハラハラしながら楽しめるエンターテ ...

悪魔を憐れむ歌

悪魔を憐れむ歌 72点

悪魔を憐れむ歌 映画批評・備忘録 デンゼル・ワシントン主演のオカルト・ミステリー映画。名優の共演で、その高い演技力でサスペンスホラーを盛り上げる。人間の体に乗り移ることで殺人を繰り返す悪霊と痕跡から捜査を進める刑事が対決する筋の物語で、映像 ...

キングコング 髑髏島の巨神

キングコング: 髑髏島の巨神 79点

キングコング: 髑髏島の巨神 映画批評・備忘録 アメリカ合衆国の怪獣映画で、キングコングの映画としては通算8作目となる。ゴジラやモスラをベースにしてあるだけあって、ザ・怪獣映画となっている。子供向けの怪獣映画と異なり残酷な描写や激しい戦闘シ ...

グリーン・ランタン

グリーン・ランタン 33点

グリーン・ランタン 映画批評・備忘録 宇宙の平和を守る宇宙警察機構“グリーン・ランタン”の一員となった男の戦いを壮大なスケールで描いたSFアクション映画。 DCコミックを代表するスーパーマンやバットマンに次ぐヒーローで、非常に期待された作品 ...

タイムマシン

タイムマシン 70点

タイムマシン 映画批評・備忘録 ジュール・ベルヌと共にSFの父と呼ばれるH・Gウェルズの”小説タイムマシン”とデヴィット・ダンカンの”映画タイム・マシン 80万年後の世界へ(脚本)”を原作としたSF映画。 原作者のH・Gウェルズは、社会主義 ...

フォーリング・ダウン

フォーリング・ダウン 77点

フォーリング・ダウン 映画批評・備忘録 ロサンゼルスを舞台に、日常生活に疲れた平凡な男が理性を失い、数々の事件を起こしていく姿を描くサスペンス・スリラー。 ドナルド・トランプの台頭やアラフォー・クライシスを予感させる90年代の毒にも薬にもな ...

インセプション

インセプション 94点

インセプション 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーランが構想期間約20年ほどの歳月をかけた作品であり、イギリス系アルゼンチン人の作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘス著「伝奇集」の短編「Las ruinas circulares(円鐶の廃墟 ...

第9地区

第9地区 77点

第9地区 映画批評・備忘録 地球に難民としてやってきたエイリアンと、それを抑圧する人類の対立をドキュメンタリー風に描いた作品。舞台となった南アフリカ共和国でかつて行われていたアパルトヘイト政策が反映されたストーリーになっている。ドキュメンタ ...

インターステラー

インターステラー 94点

インターステラー 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーラン監督のマジックにかかると超難解なSFストーリーも愛と冒険の物語としても楽しむことができてしまう。 序盤シーンとクライマックスシーンの見事なリンクは、お見事! 全ての演出に理由があり ...

ジャック・サマースビー

ジャック・サマースビー 82点

ジャック・サマースビー 映画批評・備忘録 製作と主演を兼ねるリチャード・ギアが、フランス映画「THE RETUN OF MARTIN GUERRE」を米国でリメイク。衝撃のクライマックスが感動を呼ぶ、ミステリアス・ラブ・ストーリー。 今作は ...

アウトブレイク

アウトブレイク 85点

アウトブレイク 映画批評・備忘録 アウトブレイクとは、「病気の感染が爆発的に広がること、感染症の集団発生」という意味で、パンデミック(致死性の高い感染症の世界的な発生)という言葉は、アウトブレイクの次の段階になります。 本作では小さな町でア ...

ディープ・ブルー

ディープ・ブルー 77点

ディープ・ブルー 映画批評・備忘録 アクション映画を得意とするレニー・ハーリン監督作の今作品もテンポが良くスリリングな展開で油断すると驚かされる演出が多数ありどれも記憶に残るシーンとなっている。 この映画は、そもそもなぜ?サメを使ってアルツ ...

レッドプラネット

レッドプラネット 78点

映画批評・備忘録 漫画テラフォーマーズのネタ元の映画が今作。中堅の名優が集っており演技やセリフ回しは面白い。酷評されることが多い映画だが、実はこの映画の影響を受けているSF作品は多い。公開当時は斬新だったものが、近年のインスパイア作品の影響 ...

コンスタンティン

コンスタンティン 85点

映画批評・備忘録 サタンなんかの魔王が出てくる話は、壮大になりすぎて失敗してしまう映画が多い中、コンスタンティンは大成功した映画。悪魔祓いのシーンやハーフブリードとの対決シーンは、キアヌ・リーブスが超カッコイイ。キアヌのやさぐれ感がいい味を ...

トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス 86点

映画批評・備忘録 タランティーノの脚本の映画ではこれが1番好きな作品。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。 タランティーノの脚本も素晴らしいが、監督のトニー・スコットの疾走感ある映像編集と見せ方の上手さが際立っている。タランテ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.