「 ローレンス・フィッシュバーン 」 一覧

パッセンジャー

パッセンジャー 81点

パッセンジャー 映画批評・備忘録 極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペーススペクタクルロマン「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」 過去のSF映画やドラマのエレメント ...

ロサンゼルス

ロサンゼルス 68点

ロサンゼルス 映画批評・備忘録 『狼よさらば』の続編でDeath Wishシリーズ全五作の二作目にあたる。 前作に続きマイケル・ウィナーが監督を務め、更にキャノン・フィルムズのメナハム・ゴーランとヨーラン・グローバスが製作として初めて参加し ...

プレデターズ

プレデターズ 63点

プレデターズ 映画批評・備忘録 『プレデター』シリーズの第3作目。世界中から集められた8人+1人の生存者の多様な戦闘スタイルとキャラクターが注目の3作目。 多様な戦闘スタイルが見れるかといえば、ほぼそれはなく、サイバイバル要素とバトルロワイ ...

イベント・ホライゾン

イベント・ホライゾン 66点

映画批評・備忘録 「バイオハザード」の監督で知られるポール・W・S・アンダーソン監督作。7年間消息を絶ち、海王星に突如現れた深宇宙探査船イベント・ホライゾン号の調査に向かった乗務員の恐怖を描くSF・ホラー。 シャイニング+ヘルレイザー+20 ...

マトリックス レボリューションズ

マトリックス レボリューションズ 81点

映画批評・備忘録 完結することはなかった完結編。 マトリックス第一作は、続編が無くても話は楽しめる作品に仕上がっているが、リローデッドとレボリューションズはセットで一つの話になっており、1作目を見て、2,3作目を見なければ全く意味の分からな ...

マトリックス リローデッド

マトリックス リローデッド 70点

映画批評・備忘録 マトリックス(第一作)が完璧に感じられただけに、2作目のリローデッドには作品全体として粗さが見られるようになる。 キャスティングのゴタゴタもありその影響で脚本の変更が余儀なくされた影響もあるのかもしれない。 監督の好みが強 ...

マトリックス

マトリックス 100点(満点)

映画批評・備忘録 従来のCGにはない、ワイヤーアクションやバレットタイムなどのVFXを融合した斬新な映像表現は「映像革命」だった。 1990年代最後に送り出されたSFアクション映画の最高傑作。 脚本も非常に練られており、機械と人間の単純な世 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.