「 ビル・コンティ 」 一覧

勝利への脱出

勝利への脱出 80点

勝利への脱出 映画批評・備忘録 第二次世界大戦の最中、ドイツの捕虜となっていた連合軍兵士とドイツ代表との間で行われることになったサッカーの国際試合と、その背後で進められる脱走計画をテーマにしています。 史実は悲劇でしたが、今作では娯楽映画と ...

ロックアップ

ロックアップ 86点

ロックアップ 映画批評・備忘録 ドナルド・サザーランドが演じる冷酷な刑務所長に立ち向かうある囚人の戦いを描いたシルヴェスター・スタローンの主演映画。 1980年代のスタローン全盛時代最後の傑作作品で、彼のベスト映画のひとつ。どことなく『ショ ...

イヤー・オブ・ザ・ガン

イヤー・オブ・ザ・ガン 58点

イヤー・オブ・ザ・ガン 映画批評・備忘録 イタリアのテロ組織である赤い旅団の逸話を映像化。キャッチ・コピーは「女に勇気。男に野心。失ったものは愛。」。見終わって確かにそうだったと思えるものの、記憶に残っているのはシャロン・ストーンとヴァレリ ...

ロッキー・ザ・ファイナル

ロッキー・ザ・ファイナル 88点

映画批評・備忘録 キャッチコピーは「NEVER GIVE UP 自分をあきらめない」その言葉のとおり、ロッキーは老体に鞭を打ち躍動する! ロッキーの完結編に相応しい堂々たるファイトと舞台がありと胸を打たれる感動のドラマ。 ※第1作から30年 ...

ロッキー5/最後のドラマ

ロッキー5/最後のドラマ 75点

映画批評・備忘録 凄まじく酷評されているシリーズ5作目だが、トミー・モリソンの演技がひどい事を除けば、脚本は良いものがありロッキー”らしさ”を感じる作品でもある。 息子との関係性の描き方は実にリアルなものだと感じた。 ゴールデンラズベリー賞 ...

ロッキー3

ロッキー3 87点

映画批評・備忘録 3作目にして、実に男臭い映画になっている。個人的にはすごく好きなのがロッキー3。ともかくテンポがよく、編集に無駄がない。見事な悪役っぷりを演じるミスター・Tもいい味出してます。作品全体は大味であるものの、ストーリーは直球勝 ...

ロッキー2

ロッキー2 90点

映画批評・備忘録 前作ロッキーのクライマックスシーンから始まり、前作の余韻を上手く前半のストーリーに取り込むことができている。前作で一躍ヒーローになったものの、どうにもこうにも上手くいかないロッキー、この映画前半のモヤモヤ感が後半のストーリ ...

ロッキー

ロッキー  90点

映画批評・備忘録 第49回アカデミー賞作品賞ならびに第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞受賞作品。また、2006年に米国連邦議会図書館がアメリカ国立フィルム登録簿に新規登録した作品の中の1つである。 男なら誰もが憧れる感動のラストシーン ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.