「 ハンス・ジマー 」 一覧

ダンケルク

ダンケルク 69点

ダンケルク 映画批評・備忘録 第二次世界大戦のダンケルク大撤退が描かれており、イギリス、オランダ、フランス、アメリカ合衆国の4カ国合作映画。第90回アカデミー賞では作品賞、監督賞、美術賞、撮影賞、編集賞、音響編集賞、録音賞、作曲賞の8部門に ...

チャッピー

チャッピー 83点

チャッピー 映画批評・備忘録 2004年にブロムカンプが製作した短編映画『Tetra Vaal 』を長編映画化したものである。「第9地区」「エリジウム」のニール・ブロムカンプ監督が、感情を持ったロボット“ チャッピー”の姿を描く近未来ハード ...

インセプション

インセプション 94点

インセプション 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーランが構想期間約20年ほどの歳月をかけた作品であり、イギリス系アルゼンチン人の作家であるホルヘ・ルイス・ボルヘス著「伝奇集」の短編「Las ruinas circulares(円鐶の廃墟 ...

インターステラー

インターステラー 94点

インターステラー 映画批評・備忘録 クリストファー・ノーラン監督のマジックにかかると超難解なSFストーリーも愛と冒険の物語としても楽しむことができてしまう。 序盤シーンとクライマックスシーンの見事なリンクは、お見事! 全ての演出に理由があり ...

ドロップ・ゾーン

ドロップ・ゾーン 43点

映画批評・備忘録 スカイダイビングのチャンピオン、ガイ・マノスの発案を、『サタデー・ナイト・フィーバー』『ウォー・ゲーム』『ブルーサンダー』のジョン・バダムが監督、音楽はハンス・ジマー『バックドラフト』『クリムゾン・タイド』『グラディエータ ...

ザ・ロック

ザ・ロック 93点

映画批評・備忘録 ジェリー・ブラッカイマー、マイケル・ベイのコンビによるアクション映画。アメリカ海兵隊員の英雄が起こしたテロ事件との攻防を描いている。ニコラス・ケイジ、ショーン・コネリー、エド・ハリス、トニー・トッド、マイケル・ビーンと名優 ...

クリムゾン・タイド

クリムゾン・タイド 90点

映画批評・備忘録 冷戦後の世界を背景に、ロシアでおきた叛乱にそなえて出港した弾道ミサイル原子力潜水艦を舞台とする潜水艦映画。エリートと叩き上げの対立、白人と黒人の相克、「見えない敵」との頭脳戦、外界と限られた接触しかない特殊な環境、これら潜 ...

ザ・リング

ザ・リング 65点

映画批評・備忘録 ストーリーは、日本版とほぼ同じ内容なので展開が分かっているため、怖さがもう一つ足りなく感じる。知らない人が見れば映像や俳優、演出もかなり怖く感じるものだとも思えるので作品としての出来は良い方です。エイダン役のデヴィッド・ド ...

ティアーズ・オブ・ザ・サン

ティアーズ・オブ・ザ・サン 85点

映画批評・備忘録 アメリカ国防総省の全面協力によって制作され、この映画の批評の中には、「反乱軍を悪者に描き、キリスト教、米軍称賛映画だ」という主張がある。実際、この映画の反乱軍は相当な悪者として描かれており、その残虐性は悪魔と思えるほど。確 ...

グラディエーター

グラディエーター 100点(満点)

映画批評・備忘録 優れた映像美やストーリーに加え、作品を盛り上げる音楽。そして完璧なキャストと演技。減点する余地が無く、完璧な作品。鑑賞中から胸が熱くなり、高揚感、深い感動と壮大な世界観に感嘆する。 採点の内訳 脚本:40点 演技・演出:2 ...

アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2 78点

アメイジング・スパイダーマン2 映画批評・備忘録 前作に比べて、すごく見劣る完成度で、CGもアクションもスケールアップしているものの、正直途中で眠たくなる作品。脚本がいまいちで、敵キャラがきっと冴えないからだろう。2作目にしてサム・ライミと ...

バックドラフト

バックドラフト 94点

映画批評・備忘録 消防士の兄弟、家族、仲間の絆を深く描きながら、連続爆破放火殺人事件の謎を追うサスペンスとなっている。ILMが火災現場の視覚効果を行っていて圧倒的な迫力とリアリティが効果的な映像として印象に残る。緊迫した消防士の現場や家族や ...

トゥルー・ロマンス

トゥルー・ロマンス 86点

映画批評・備忘録 タランティーノの脚本の映画ではこれが1番好きな作品。公開時のキャッチコピー「獰猛な愛だけが生き残る」。 タランティーノの脚本も素晴らしいが、監督のトニー・スコットの疾走感ある映像編集と見せ方の上手さが際立っている。タランテ ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.