「 トーマス・ニューマン 」 一覧

ペイ・フォワード 可能の王国

ペイ・フォワード 可能の王国 74点

ペイ・フォワード 可能の王国 映画批評・備忘録 キャサリン・ライアン・ハイドの小説を映画化。キャッチコピーは「きっかけはここにある!」 少年が考案したペイ・フォワードが善意の連鎖を生んでいく模様と彼とその家族のドラマを紡いだ作品です。オスメ ...

パッセンジャー

パッセンジャー 81点

パッセンジャー 映画批評・備忘録 極限状況に置かれた男女の愛と運命を壮大なスケールで描くスペーススペクタクルロマン「乗客5000人 目的地まで120年 90年も早く 2人だけが目覚めた 理由は1つーー。」 過去のSF映画やドラマのエレメント ...

グリーンマイル

グリーンマイル 94点

映画批評・備忘録 表現方法を一歩間違えれば、B級ホラー映画になっていたかもしれない感動の映画作品。原作がキングなのでホラー要素がかなりあり、監督・脚本のフランク・ダラボンのさじ加減が絶妙だったと言える。ジョン・コーフィ役にマイケル・クラーク ...

ロード・トゥ・パーディション

ロード・トゥ・パーディション 80点

映画批評・備忘録 小池一夫、小島剛夕の漫画『子連れ狼』をモチーフとした重厚かつ繊細な世界観で、題名(地獄への道)は原作者が執筆の際に影響を受けた『子連れ狼』のキャッチコピー「冥府魔道を行く父子」からきている。ストーリーの重厚感と映像の美しさ ...

ロストボーイ

ロストボーイ 75点

ロストボーイ 映画批評・備忘録 ジェイソン・パトリック、キーファー・サザーランド、コリー・ハイム、コリー・フェルドマンらが出演!若手俳優の演出に長けるジョエル・シューマッカー監督作。 古典的な吸血鬼映画を斬新な現代風の脚本にし、人気若手俳優 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.