「 ジョン・カーペンター 」 一覧

スターマン/愛・宇宙はるかに

スターマン/愛・宇宙はるかに 80点

スターマン/愛・宇宙はるかに 映画批評・備忘録 主演のジェフ・ブリッジスは、この作品で1985年度サターン賞主演男優賞を受賞し、同年の第57回アカデミー賞主演男優賞およびゴールデングローブ賞映画部門主演男優賞にノミネートされた。ジェフ・ブリ ...

遊星からの物体X

遊星からの物体X  84点

映画批評・備忘録 南極基地に現れた謎の宇宙生物とそれに立ち向かう隊員達を描く。 グロテスクなのに、何回も見てしまう飽きない映画。女性が全く出演していない上にむさ苦しい男ばかり。でも見てしまう。全編に漂う緊張感や予想外の演出、特撮は今見ても耐 ...

ゼイリブ

ゼイリブ 76点

映画批評・備忘録 映画『ゼイリブ(原題:They Live)』はジョン・カーペンターが製作のほぼすべての分野に携わっており、彼のファン必見の作品の一つ。 この映画は二つの作品が元になっていて、ひとつはレイ・ネルソンによる『朝の八時』であり ...

ゴースト・オブ・マーズ

ゴースト・オブ・マーズ 67点

映画批評・備忘録 火星の先住民の悪霊が憑りつき自傷行為を繰り替えしはじめたら、獰猛な蛮族型ゾンビに変貌し、地球人を襲い始めだすという、斬新過ぎるアイデアがいかにもカーペンターの作品らしく、主役級のキャスト達が次々に退場(惨殺される)していく ...

パラダイム

パラダイム 65点

映画批評・備忘録 レトロなホラー映画的雰囲気の中、未来から映像が送られて来るという斬新なSF設定。じわじわ来る恐怖を煽る演出が映画はB級でも演出は職人クラスという見せ方がとても上手い!(怖い!)トラウマになりそうな演出の数々がどれも一級品の ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.