「 ジョシュ・ブローリン 」 一覧

ミミック

ミミック 82点

ミミック 映画批評・備忘録 ニューヨーク市を舞台に、遺伝子操作により現れた新種の昆虫と人間との戦いを描くSFホラー。キャッチコピーは「遺伝子が泣き叫ぶ」。 ギレルモ・デル・トロの第2作目の監督作品で、彼の才能が良く現れているものとなっていま ...

インビジブル

インビジブル 77点

映画批評・備忘録 透明化していく過程の映像は素晴らしい完成度なのに、透明化した博士の行動は暴走変態スケベ親父という恐怖。ポール・バーホーベンらしいバイオレンスとエロのエッセンスで面白いんだけど、少々間抜けなホラー映画の仕上がりになっている。 ...

プラネット・テラー in グラインドハウス

プラネット・テラー in グラインドハウス 76点

映画批評・備忘録 ぶくぶくどろどろ爆発ゾンビが気持ち悪い、画質を粗くしているのがより気持ち悪さを引き立てている。これぞB級映画という演出やセリフが随所に見られ、タランティーノ自身もそれを演じている。主役のローズ・マッゴーワンはセクシーで魅力 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.