「 ジェームズ・ホーナー 」 一覧

不法侵入

不法侵入 77点

不法侵入 映画批評・備忘録 正義を守るはずの警官に狙われた夫婦の姿を描いたサイコ・スリラー映画。悪徳警官役といえば、この人!っていうほどはまり役のレイ・リオッタ。ハンサムなんだけど、なんか闇を感じる目が印象的です。他の役では暴れん坊のイメー ...

マスク・オブ・ゾロ

マスク・オブ・ゾロ 87点

マスク・オブ・ゾロ 映画批評・備忘録 歴代の『怪傑ゾロ』映画として初めて、スペイン人であるアントニオ・バンデラスがゾロを演じた。 子供時代に憧れを抱いたヒーロー像があり、素晴らしいアクション活劇とユーモアに溢れた素晴らしい映画。ヒロインのキ ...

ディープ・インパクト

ディープ・インパクト 87点

ディープ・インパクト 映画批評・備忘録 ミミ・レダーが監督、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮をそれぞれ担当し、ドリームワークスとパラマウント映画が共同で配給を担当している。一般的に、この手のパニック映画では派手なCG演出で逃げ惑う人々 ...

エイリアン2

エイリアン2 91点

エイリアン2 映画批評・備忘録 SFホラーとして制作された前作『エイリアン』から作風を一変し、当時『ターミネーター』で一躍名を馳せたキャメロンを脚本・監督に迎え、原題通り無数に繁殖したエイリアンと未来兵器に身を固めた兵士との戦いを描くアクシ ...

フライトプラン

フライトプラン 59点

映画批評・備忘録 この作品の脚本でよくジョディ・フォスターが出演を決めたなぁ~???と思えるほど、かなり無理のあるストーリーで、ジョディ演じる主人公の女性も全く共感できないゴーマン女(旦那を亡くしたばかりで情緒不安定ではある)で、他の乗客の ...

アポロ13

アポロ13 91点

映画批評・備忘録 実話なので結末は分かっている。彼らは一体どのようにして生還したのかという再現映像になるわけですが、リアリティ溢れる映像とカメラワーク、編集の上手さで臨場感が途切れることなく話が進んでいきます。この作品が感動のストーリーとな ...

グローリー

グローリー 90点

映画批評・備忘録 アメリカ南北戦争の史実を元に描かれた傑作映画。エドワード・ズウィック監督らしい熱き男達の感動と悲哀があり、人間としての尊厳をストーレートに問いてくる魂に響かせる演出が素晴らしい! 当時はまだ無名だったデンゼル・ワシントン、 ...

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン 86点

アメイジング・スパイダーマン 映画批評・備忘録 サム・ライミ版との比較すると、こちらの方が原作に近い内容で登場人物にコミック感を感じず、大作でありながらも自然な演技はマーク・ウェブ監督だからこそのように見える。個人的にはヒロインのエマ・スト ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.