「 カート・ラッセル 」 一覧

デッドフォール

デッドフォール 67点

デッドフォール 映画批評・備忘録 キャッチコピーは「Let's do it.」(やってやろうぜ)。ロサンゼルスの対照的なふたりの敏腕刑事の活躍を描くアクション映画。日本のドラマ『相棒』がコンセプトを参考にしたのかな?と思えるような作品ですが ...

不法侵入

不法侵入 77点

不法侵入 映画批評・備忘録 正義を守るはずの警官に狙われた夫婦の姿を描いたサイコ・スリラー映画。悪徳警官役といえば、この人!っていうほどはまり役のレイ・リオッタ。ハンサムなんだけど、なんか闇を感じる目が印象的です。他の役では暴れん坊のイメー ...

ポセイドン

ポセイドン 58点

映画批評・備忘録 1972年の『ポセイドン・アドベンチャー』のリメイクで、『ポセイドン・アドベンチャー』制作当時の特撮技術では表現不可能だった部分がCGにより表現されている。第79回アカデミー賞にて視覚効果賞にノミネートされ、第27回ゴール ...

遊星からの物体X

遊星からの物体X  84点

映画批評・備忘録 南極基地に現れた謎の宇宙生物とそれに立ち向かう隊員達を描く。 グロテスクなのに、何回も見てしまう飽きない映画。女性が全く出演していない上にむさ苦しい男ばかり。でも見てしまう。全編に漂う緊張感や予想外の演出、特撮は今見ても耐 ...

デス・プルーフ in グラインドハウス

デス・プルーフ in グラインドハウス 71点

映画批評・備忘録 作品の半分はガールズ・トーク(そのうち半分は尻の話)。 ラスト30分は、カート・ラッセル演じる殺人狂スタントマンVS勇ましいビッチの壮絶カーアクションという、いかにもタランティーノらしい作品。CGなしのカーアクションは、ド ...

バックドラフト

バックドラフト 94点

映画批評・備忘録 消防士の兄弟、家族、仲間の絆を深く描きながら、連続爆破放火殺人事件の謎を追うサスペンスとなっている。ILMが火災現場の視覚効果を行っていて圧倒的な迫力とリアリティが効果的な映像として印象に残る。緊迫した消防士の現場や家族や ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.