アーニー・ハドソン

バスケットボール・ダイアリーズ バスケットボール・ダイアリーズ

映画批評・備忘録 原作はジム・キャロルが13歳から16歳までつけていた日記『マンハッタン少年日記』。公開された当時は、麻薬依存や売春が描かれていたために物議を醸した。アメリカではMPAAによりカットされてR指定を受け、韓…

Read More バスケットボール・ダイアリーズ 74点