「 アヴィ・アラッド 」 一覧

ゴースト・イン・ザ・シェル

ゴースト・イン・ザ・シェル 79点

ゴースト・イン・ザ・シェル 映画批評・備忘録 スタッフの原作愛に溢れた作品となっていて、細かいところまでハリウッド化されたアニメの中ではよくできている。ただどことない違和感は、むしろ原作にこだわり過ぎてしまっている点ではないかと思う。 桃井 ...

ブレイド3

ブレイド3 59点

ブレイド3 映画批評・備忘録 映画『ブレイド』シリーズ三部作の最終作。主演はウェズリー・スナイプス、助演にジェシカ・ビール、ライアン・レイノルズと豪華な配役も、ラスボス役ドミニク・パーセルの起用はミスマッチだった。オープニングから序盤シーン ...

ブレイド2

ブレイド2 87点

ブレイド2 映画批評・備忘録 3部作の最高傑作との呼び声高い第2作。監督はギレルモ・デル・トロ。パシフィック・リムで日本では注目される監督の仲間入りをしましたが、個人的には「ミミック」で知り、彼の作品が好きになりました。 コアなファン層に支 ...

ブレイド

ブレイド 80点

ブレイド 映画批評・備忘録 マーベル・コミックの『ブレイド』の映画化。ウェズリー・スナイプス以外に考えられない程のハマリ役にしてキレッキレのアクションシーンと当時若手俳優で異彩を放っていたスティーヴン・ドーフもヴァンパイア役にハマっていた。 ...

アメイジング・スパイダーマン2

アメイジング・スパイダーマン2 78点

アメイジング・スパイダーマン2 映画批評・備忘録 前作に比べて、すごく見劣る完成度で、CGもアクションもスケールアップしているものの、正直途中で眠たくなる作品。脚本がいまいちで、敵キャラがきっと冴えないからだろう。2作目にしてサム・ライミと ...

アメイジング・スパイダーマン

アメイジング・スパイダーマン 86点

アメイジング・スパイダーマン 映画批評・備忘録 サム・ライミ版との比較すると、こちらの方が原作に近い内容で登場人物にコミック感を感じず、大作でありながらも自然な演技はマーク・ウェブ監督だからこそのように見える。個人的にはヒロインのエマ・スト ...

スパイダーマン

スパイダーマン 88点

映画批評・備忘録 このスパイダーマンが一番好き!と思える愛されるキャラクター像とサム・ライミ監督の”らしさ”を残しつつB級ではなく壮大なエンターテイメント作品として仕上がっている。音楽担当のダニー・エルフマンが作品を盛り上げるのに大きく貢献 ...

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.