2000年代 アクション ホラー

バイオハザードIII 57点

更新日:

バイオハザードIII 映画批評・備忘録

バイオハザードシリーズ3作目。原題の「Extinction」は「絶滅」を意味する。
2の出来栄えが良かった事から3作目に期待するファンの熱い思いは見事に裏切られる結果となった。前作で大好評だったジル役のシエンナ・ギロリーが出演せず、変わりにクレア役としてアリ・ラーターが出演。クレアのイメージとは異なるものの、映画オリジナルとしてみれば強い女性像は感じ取れるので好演だったと思う。前作のジルがハマりすぎた影響なのか主人公アリスのプロモーションビデオのような映像表現が凄いものの、物語や人物の掘り下げが無く、全てミラとポールの自己満足な内容となっている。この作品以降は、まるでマトリックスのエージェント・スミスと化したアイザックスの物語がはじまる(笑)

バイオハザードIII 採点の内訳


脚本:10点
演技・演出:15点
撮影・美術:18点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計57点

バイオハザードIII タイトル

バイオハザードIII(原題:Resident Evil: Extinction)

バイオハザードIII あらすじ

前作から8年後。結局はT-ウィルス汚染は食い止められず、全世界へ蔓延してしまう。人間や動物どころか、自然をもT-ウィルスに破壊された地球は文明社会が崩壊し、膨大な数のアンデッドと荒廃した大地に覆い尽くされた死の星と化してしまっていた。
一方、アンブレラ社は豊富な備蓄のある巨大な地下施設に潜み、東京本部のアルバート・ウェスカーを筆頭に世界各地の支部と連携を取りながら現状の打開を模索する。北米支部のアイザックス博士はアリスの血液から大量に複製した彼女のクローンを使い、アンデッドへの対抗手段や血清についての人体実験を繰り返していた。
そんな中、わずかに生き残った人々は安住の地を求め、各地を旅していた。前作の後、アンブレラ社の監視から逃れるためにカルロス達から離れ、独り旅を続けながら各地を転々としていたアリスは、ふと立ち寄ったガソリンスタンドにてアラスカが安全な土地であると記されたノートを発見し、それにわずかな希望を抱いて、アラスカを目指す。
一方で、クレア・レッドフィールド率いる車団は、ネバダ州のあるモーテルに拠点を置いていたが、T-ウィルスに二次感染したカラスに襲われる。そこに、放浪していたアリスが現れカラス達を一掃、クレア達の車団に加わることになる。翌日、アリス達は燃料を求め、危険地帯と言われるラスベガスに向かう。ラスベガスに着くと、そこは砂に埋め尽くされた砂漠地帯へと変貌していた。そしてここにもアンブレラ社の罠があった。従来よりもパワーアップしたアンデッドがアリス達を襲撃。アリス達は応戦するも、多数のメンバーが犠牲になった。アリスはアイザックスの居場所を割り出し、現地へ向かう。仲間のカルロスを犠牲にしつつも、何とか施設の敷地内に侵入することに成功。クレア達はヘリでアラスカに向かい、アリスは地下でタイラントと化したアイザックスと対峙する。そして、アンブレラ社との最後の戦いが幕を開ける。

バイオハザードIII スタッフ

監督 - ラッセル・マルケイ
製作 - ポール・W・S・アンダーソン,ベルント・アイヒンガー,サミュエル・ハディダ,ロバート・クルツァー,ジェレミー・ボルト
製作総指揮 - マーティン・モスコウィック,ヴィクター・ハディダ,ケリー・ヴァン・ホーン
脚本 - ポール・W・S・アンダーソン
撮影 - デヴィッド・ジョンソン,B.S.C.
編集 - ニーヴン・ハウィー
音楽 - チャーリー・クロウザー
美術 - エウヘニオ・カバレロ
衣装 - ジョセフ・ポロ
特殊メイク - ブルース・スポルディング・フラー
クリーチャーデザイン & 監修 - パトリック・タトプロス
クリーチャー造形 - タトプロス・スタジオ
VFX監修 - デニス・ベラルディ
VFX - Mr. X Inc
原案 - カプコンバイオハザード
日本語版イメージソング「LAST ANGEL feat.東方神起」歌:倖田來未

バイオハザードIII キャスト

ミラ・ジョヴォヴィッチ
オデッド・フェール
アリ・ラーター
マイク・エップス
スペンサー・ロック
イアン・グレン
ジェイソン・オマラ
アシャンティ
クリストファー・イーガン
マシュー・マースデン
マデリン・キャロル
リンデン・アシュビー
ジョー・ハースリー

バイオハザードIII 予告編

バイオハザードIII 商品情報



-2000年代, アクション, ホラー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.