ヘッドハント 77点

ヘッドハント

ヘッドハント 映画批評・備忘録

閉鎖されたオフィスで自由を奪われた6人の男女が体験する恐怖を描くシチュエーションスリラー。
ホラー映画好きなら、笑いながら見れるような個性的なデスシーンが楽しめる作品で、脚本というかアイデアが良くてキャストがいまいちでも十分楽しめる内容になっています。クライマックスもしてやったりの内容でありきたりのホラー作品と差別化できています。冒頭に主人公のストリップシーンがあるものの、正直あまり魅力的ではなかったです。デスシーンはトム・サヴィーニが監修しているだけあって秀逸というかやり過ぎというか見ごたえありますし、個人的には好きなタイプのB級ホラーでした。

ヘッドハント 採点の内訳


脚本:34点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:8点
音響・音楽:6点
合計77点

ヘッドハント タイトル

ヘッドハント(原題:Redd Inc.)

ヘッドハント あらすじ

閉鎖されたオフィスに連行され、自由を奪われた6人の男女が体験する恐怖を描いたシチュエーションスリラー。連続殺人犯として投獄されていたトーマス・レッドマンが脱獄し、「レッド社」を設立。社長となったレッドマンは、会社のオフィスに6人の男女を閉じ込める。6人は、レッドマンに罪を着せた真犯人を見つけ出し、レッドマン自身の無実を証明するよう“業務”を言い渡される。5回ミスをすると“クビ(=死)”が待ちうける過酷な状況のなか、自由を奪われた6人は捜査を開始する。

ヘッドハント スタッフ

監督:ダニエル・クリーグ
脚本:ジョナサン・グリーン,アンソニー・オコナー
製作:ジョナソン・グリーン,サンディ・スティーヴンス
特殊メイク監修:トム・サヴィーニ
撮影:リチャード・ブラッドショウ
音楽:マイケル・イェツェルスキー
配給:クロックワークス

ヘッドハント キャスト

ニコラス・ホープ
ケリー・パタニティ
サム・レイド
ジェームズ・マッケイ
アラン・デュークス
ヘイリー・マケルヒニー

ヘッドハント 予告編

ヘッドハント 商品情報