プラネット・テラー in グラインドハウス 76点

プラネット・テラー in グラインドハウス

2007年公開のアメリカ合衆国の映画。2本立て映画『グラインドハウス』(Grindhouse)の1編「プラネット・テラー」に、アメリカでの2本立て公開時にカットされたシーンを加えて、1本の作品としたもの。『グラインドハウス』には実在しない映画の予告編が数本入っており、その中の1本「マチェーテ」(Machete)の予告編が本作の冒頭にも入っている。『マチェーテ』は後に本編化され、2010年9月3日に北米で公開された。

プラネット・テラー in グラインドハウス 映画批評・備忘録


プラネット・テラー in グラインドハウス(原題:Planet Terror)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:7点
合計76点


ぶくぶくどろどろ爆発ゾンビが気持ち悪い、画質を粗くしているのがより気持ち悪さを引き立てている。これぞB級映画という演出やセリフが随所に見られ、タランティーノ自身もそれを演じている。

主役のローズ・マッゴーワンはセクシーで魅力的だが、なんたって片足マシンガンですからねぇ~。B級ヒロイン感はありありです。パッケージや予告編の印象はそこだけに目が行ってしまうものだけど、作品を見ているとそこはあまり気にならない。B級映画ではありえない豪華な役者たちの怪演と痛い笑いが散りばめられていて、そこが非常に面白い。

グラインドハウスとは、エクスプロイテーション映画やB級映画などを2、3本立てで上映していたアメリカの映画館のこと。本作は、当時の上映作品の雰囲気を再現している。
アメリカでは、2007年4月6日に2本立ての『グラインドハウス』(デス・プルーフとプラネット・テラーの2本立て)として2624館で公開され、週末興行成績で初登場4位になった。また、5月には『デス・プルーフ』のみ第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に選ばれ上映された。


amazonプライム・ビデオ

プラネット・テラー in グラインドハウス あらすじ

テキサスの田舎町のある夜、J.T.(演:ジェフ・フェイヒー)のバーベキュー・レストランにやって来たゴーゴーダンサーのチェリー・ダーリン(演:ローズ・マッゴーワン)は、元恋人の解体屋レイ(演:フレディ・ロドリゲス)と再会した。その頃、軍の部隊長マルドゥーン(演:ブルース・ウィリス)と生物化学の科学者アビー(演:ナヴィーン・アンドリュース)の取り引き中に、生物兵器DC2(コードネーム「プロジェクト・テラー」)のガスが噴き出してしまう。町中にDC2が拡がり、感染者がゾンビと化して人々を襲い始めるのだった。

プラネット・テラー in グラインドハウス スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス
脚本:ロバート・ロドリゲス
製作:エリザベス・アヴェラン,クエンティン・タランティーノ,ロバート・ロドリゲス
製作総指揮:ハーヴェイ・ワインスタイン,ボブ・ワインスタイン
音楽:グレーム・レヴェル,カール・ティール
撮影:ロバート・ロドリゲス
編集:ロバート・ロドリゲス
製作会社:ワインスタイン・カンパニー

プラネット・テラー in グラインドハウス キャスト

ローズ・マッゴーワン
フレディ・ロドリゲス
ジョシュ・ブローリン

レベル・ロドリゲス
マイケル・パークス
ジェフ・フェイヒー
マイケル・ビーン
トム・サヴィーニ
カルロス・ガラルドー
ナヴィーン・アンドリュース
ブルース・ウィリス
クエンティン・タランティーノ
コーリー・バートン
ダニー・トレホ(劇中内の映画マチェーテの予告編)

プラネット・テラー in グラインドハウス 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ