2010年代 サスペンス ドラマ

ナイトクローラー 86点

投稿日:

ナイトクローラー 映画批評・備忘録

ギルロイの初監督作品で、ロサンゼルスで起こる事故、犯罪や火事をフリーランサーのジャーナリストとして撮影する社会病質者を描いた映画。
日銭を稼いでいた小悪党が偶然自分の天職を見出し、良心よりも結果を優先するサイコパスの本能により成功を得るというダーク・サクセスストーリー。主演のジェイク・ジレンホールがこの作品に品質を大幅に高めているのは間違いなく、脚本の出来が素晴らしいといえど、ジレンホールの圧倒的な演技力あればこその作品と言えるほど素晴らしいものだった。やはり演技力ある主演に演技力がある助演をつけてより主人公にフォーカスさせる監督の手腕は絶妙なさじ加減だったし、レネ・ルッソもビル・パクストンも上手い俳優だと思えました。ただし、演者の上手さで面白かったと思える作品なので、絶賛するほどの作品でもありませんし、どちらかというと内容からしてB級映画よりだと思います。

ナイトクローラー 採点の内訳


脚本:36点
演技・演出:18点
撮影・美術:16点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計86点

ナイトクローラー タイトル(ネタバレ)

ナイトクローラー(原題:Nightcrawler)

ナイトクローラー あらすじ

ロサンゼルスの工事現場からフェンスを盗んでいたルイス・ブルームは、警備員に見つかるものの、彼を襲い時計とフェンスを盗む。スクラップヤードで盗んだ品の値段を交渉する際に、ブルームは仕事を求めるが、現場監督は泥棒を雇う気はないと告げる。

自動車事故の現場を撮影するフリーランスのカメラマンを見たルーは、彼らに触発され、盗んだ自転車と交換したカムコーダーと警察無線受信機を用いて車強盗の襲撃後の現場を撮影し、ローカル局に売り込む。朝のニュース番組の監督であるニーナはルイスが撮影した動画を購入し、撮影を続けるように勧める。彼女は、局が求めている多くの視聴者を得やすい郊外の裕福な住宅街での暴行事件の映像を要求する。ルイスはお金が欲しくてたまらない若者リックをアシスタントとして雇う。

より刺激的な映像を撮るため、ルイスは遺体を動かすなどの犯罪現場の改ざんを始め、その映像で儲けた金で高い機材と速い車を購入する。競争相手からのビジネスのオファーを断り、その競争相手のバンに手を加える。その後バンは事故を起こし、ルイスはその様子を撮影する。さらに自分の映像がニーナにとって必要不可欠な事を知り、セックスの相手をしないと映像を売らないと脅す。

ルイスとリックは高級住宅地であるグラナダ・ヒルズで起こった家宅侵入の現場に警察に先んじて到着した。ルイスは殺害された被害者の映像を撮影する。ニュース番組のスタッフはその映像は倫理に反すると放送に反対するが、ニーナは必ず放送するといって無視する。映像と引き換えに、ルイスはより多くのお金と、自分の存在を局中に知らせることを要求する。

警察はルーを疑い、家宅侵入の映像について尋ねる。彼は2人組の犯人がSUVに乗って逃走する映像を撮影していたが、正体の写った部分を削除したテープを提供する。その後、ルイスはナンバーから自分で犯人の自宅を突き止め、リックとレストランまで車で尾ける。怯えるリックはルイスが儲けるお金を山分けにするか、自分が警察に通報するという。山分けに同意したルイスは警察に武装した容疑者がいると通報し、銃撃戦を撮影するのを待ち構えた。彼はリックを脅して車から降ろし、別の角度から撮影させる。

警察がレストランに到着し、銃撃戦が始める。犯人の1人は殺害され、もう1人はSUVで逃走する。ルイスとリックは警察とのカーチェイスを追跡しながら撮影する。追跡の末SUVが横転した後、ルイスはリックに犯人は死んだから近づいて撮影しろと命令する。しかし犯人は生きていて、撮影するリックを車中から撃ち倒して逃走を図る。警察が到着し犯人を射殺する。リックが横になり死にゆく中、ルイスは彼を撮影し、彼に対し「自分が信用できないヤツとは仕事はできない」と言い放つ。

ニーナは映像に満足し、ルイスへの信頼を伝える。ニュース番組の制作陣は『家宅侵入』は実は薬物の交渉がまとまらず起こったものだと知るが、ニーナはこの情報を外し事件を最大限の感情的なものにする。警察は映像を押収しようとするが、ニーナは所持する権利があるとし拒否する。

警察に取り調べを受けたルーは、犯人が乗っているバンが彼を追跡してきたと話をでっちあげる。警察は嘘だと知りながらも証拠がないため、彼を釈放する。ルイスはバンを2台購入し、インターンを雇い彼のビジネスを広げる。

ナイトクローラー スタッフ

監督:ダン・ギルロイ
脚本:ダン・ギルロイ
製作:ジェニファー・フォックス,ジェイク・ジレンホール,トニー・ギルロイ,デイヴィッド・ランカスター,ミシェル・リトヴァク
製作総指揮:ゲイリー・マイケル・ウォルターズ,ベッツィー・ダンバリー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影:ロバート・エルスウィット
編集:ジョン・ギルロイ
製作会社:ボールド・フィルムズ
配給:オープン・ロード・フィルムズ,ギャガ

ナイトクローラー キャスト

ジェイク・ジレンホール
レネ・ルッソ
リズ・アーメッド
ビル・パクストン
アン・キューザック
ケヴィン・ラーム
キャスリーン・ヨーク
マイケル・パパジョン
ジョナサン・コイン
マイケル・ハイアット
エリック・ラング
ケント・ショックネック
ジェイミー・マクシェイン
キャスリーン・ヨーク
キャロリン・ギルロイ

ナイトクローラー 予告編

ナイトクローラー 商品情報



-2010年代, サスペンス, ドラマ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.