2012 56点

映画 2012

2012年公開のアメリカ合衆国の映画。全世界で7億6967万ドルの興行収入を稼ぎ出した製作費2億ドルの超大作。古代マヤ人が2012年の冬至ごろに訪れると予想した人類滅亡に関する幾つかの仮説を元に製作された。これはメソアメリカ文明の長期暦において、2012年12月21日に一つの区切りを迎えることから来ている。数人の登場人物らの行動を同時進行的に一度に描くグランドホテル方式である。

2012 映画批評・備忘録


2012

脚本:10点
演技・演出:10点
撮影・美術:20点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計56点


圧倒的な映像スケールで、ディザスタームービーといえば今作を思い浮かべるものの、ストーリーはほとんど覚えてないようなつまらない映画。地球(アメリカ)が壊れていく様子を楽しむ映画で、脚本・演技・演出は2の次でともかく映像!映像!映像!凄いだろう!圧倒的だろ!というエメリッヒ監督らしさが全面に出た映画になっている。


2012 あらすじ

2009年、インドの科学者サトナムは、地球内部が加熱され流動化が進んでいることに気が付き、数年後に地球的規模の地殻変動により大破局が起きることを突き止める。惑星直列が原因で太陽活動が活発化し、コロナが地球を蔽ったため、地球内部がプラズマで加熱されることで、マントルの流動性が増しマントルに浮いている大陸が沈んだり傾き、地殻大変動が起きると予想された。
科学顧問のエイドリアンから世界の終末を伝えられたアメリカ大統領のウィルソンは、イギリス、ロシア、フランス、ドイツ、イタリア、日本、カナダの首脳に事実を報告。先進国は極秘裏にチョーミン計画を実行し、世界各地の歴史的な美術品を後世に残すために、密かに偽物とすり替え運び出し始めた。
2012年。海賊ラジオを流している変人チャーリーの情報から世界の終末を知った売れない作家のジャクソンは、元妻のケイトと息子ノア、娘のリリー、ケイトの恋人で整形外科医のゴードンと共に、チャーリーが知る避難場所の地図を入手するため飛行場へと急ぐ。
程なくして世界各地で、未曽有の地殻大変動が始まった。大地震により市街地が崩壊し、火山の大噴火に加え、数千キロにも及ぶ大規模な大陸移動まで起こる。終末を迎えようとする中で、人類は生き残る術を必死に模索し続ける。
やがて、先進国が極秘裏に進めていた「ノアの箱舟」計画こそが生存への唯一の道だと知った主人公らは、ロシアの大富豪ユーリのプライベートジェットに乗って、ノアの箱舟の建造地である中国へと向かう。しかし給油のために寄ろうとしたハワイは既に全滅しており予定地の手前で燃料切れとなり不時着する。「ノアの箱舟」への搭乗パスを持っているユーリの家族のみが中国軍のヘリに救助され、ジャクソン達は置き去りにされてしまう。
ジャクソンらは一縷の望みにかけて、「ノアの箱舟」の造船所に潜り込み密航を図る。しかし、数千メートル級の大津波が押し寄せていることが判明し、予定よりも早く「ノアの箱舟」の出航を強行しようとしたことから、港に残された乗船予定者たちがパニックに陥りはじめた……。

2012 スタッフ

監督:
脚本:,
製作:,,
製作総指揮:,,
音楽:,
主題歌:「Time for Miracles」アダム・ランバート
撮影:
編集:,
製作会社:
VFX
VFXスーパーバイザー:,
(Uncharted Territory)
スキャンラインVFX
デジタル・ドメイン
ダブルネガティブ
ソニー・ピクチャーズ・イメージワークス
他、全15社。

2012 キャスト















2012 予告編