ほぼ300 21点

ほぼ300

2008年公開のアメリカ合衆国の映画。ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーのコンビのパロディ映画である。邦題にもなっている『300 〈スリーハンドレッド〉』をベースに、『スパイダーマン3』、『シュレック』、『ハッピー フィート』、『アメリカンアイドル』などのパロディやブリトニー・スピアーズ、パリス・ヒルトンらへの弄りネタが詰め込まれている。13人のスパルタ戦士たちが約20人のペルシア軍へ戦いを挑むアクション・コメディ。

ほぼ300 映画批評・備忘録


ほぼ300(原題:Meet the Spartans)

脚本:3点
演技・演出:6点
撮影・美術:3点
編集:6点
音響・音楽:3点
合計21点


なかなかのクソ映画っぷりですが、大好きだった海外SFドラマ『アンドロメダ』のケヴィン・ソーボが出演しているし、13日の金曜日リメイク版でベッドシーンが大絶賛されたトラヴィス・ヴァン・ウィンクルがケヴィンの息子役で出演しています。ケヴィンは真面目なだけに痛々しいです。イメージを壊すのが目的だったかのかもしれませんが、ちょっとショックでした。原題はスパルタンに会うなんですが、『ほぼ300』は、ナイス邦題でした。実際見た印象は、ほぼ300でした。いやいや違う違う。。ちょっと。。。かな?
まぁ、よくあるアメリカンジョークのパロディ映画です。アメリカ版、ものまねタレントが、似ているような似てないような微妙なモノマネを披露しているんですが、笑いのセンスの壁を感じました。視聴途中で脱落するかと思いましたが、ほぼ300なので、気が付けば見終わってました。


ほぼ300 あらすじ

ほぼ300なので、300<スリーハンドレッド>のあらすじを参考にしてください。

ほぼ300 スタッフ

監督:
脚本:
製作:,
製作総指揮:
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:
配給:

ほぼ300 キャスト

ナレーション:
レオニダス:
王妃マルゴ:
クセルクセス:
隊長:
ディリオ:
ソニオ:
トライトロ議員:
ペルシャの使者:
メッセンジャー:
女性有名人のモノマネ:
女性有名人のモノマネ:
男性有名人のモノマネ:

ほぼ300 予告編・無料動画