マチェーテ 76点

マチェーテ

映画批評・備忘録

2010年9月3日に公開されたアメリカ映画。ロバート・ロドリゲスとイーサン・マニキス監督によるアクション映画であり、2007年の映画『グラインドハウス』で使われた偽予告編の本編。これまで脇役を演じてきたダニー・トレホにとって初の主演作品です。

ダニー・トレホは脇役といっても極悪囚人や殺し屋役が大半で、その強い個性から主にB級映画マニアや映画オタクから長らく愛されてきた俳優です。現在の彼の売れっ子ぶりを見ると小さい役からコツコツと積み上げてきた実績が、今作品へと繋がったと思えます。

この頃のロドリゲスは、B級映画路線まっしぐらになり本人の好みを強く出すため、スタッフもロドリゲス・ファミリー化していくようになりました。ただ人柄が良いこともあり、出演してくれる俳優はいつも豪華な顔ぶれです。

この豪華な顔ぶれで、エロい!グロい!おもしろい!B級エンタメを撮ってくれるロドリゲスが大好きです。

今作品で話題になったのが。。。。当時人気女優だったリンジー・ローハンが、ドラッグ中毒からの復帰し見事なヌードを披露してくれています。
ただ残念なことに、その後の彼女は悲惨そのものです。

2007年3月、ロドリゲスは『マチェーテ』の偽予告を長編映画化するとSXSWで発表した。当初は『プラネット・テラー』のDVDの特典映像になると発表されたが、結局劇場公開映画として製作された。トレホはロドリゲスの映画『スパイキッズ』シリーズでも同名のキャラクターを演じているが、それらが同一人物かどうかは不明である。



マチェーテ(原題:Machete)

脚本:25点
演技・演出:17点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計76点

あらすじ

メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。

それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

それもまた新たな罠だった…。壮大なる復讐シンフォニーが今始まる!

スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス,イーサン・マニキス
脚本:ロバート・ロドリゲス,アルヴァロ・ロドリゲス
製作:エリザベス・アヴェラン,ロバート・ロドリゲス,アーロン・カウフマン,イリアナ・ニコリッチ,リック・シュウォーツ,クエンティン・タランティーノ
製作総指揮:アラン・バーノン,アンソニー・グダス,マイルズ・ネステル
音楽:ジョン・デブニー
撮影:ジミー・リンゼイ
編集:レベッカ・ロドリゲス,ロバート・ロドリゲス
製作会社:トラブルメーカー・スタジオズ,オーバーナイト・フィルムズ
配給:20世紀フォックス,SPE

キャスト

ダニー・トレホ
スティーヴン・セガール
ロバート・デ・ニーロ
ジェシカ・アルバ
ジェフ・フェイヒー
ドン・ジョンソン
ミシェル・ロドリゲス
リンジー・ローハン

予告編

商品情報