マチェーテ・キルズ 60点

マチェーテ・キルズ

映画批評・備忘録

2013年公開のアメリカ合衆国の映画。偽予告編を長編化した2010年の映画『マチェーテ』の続編です。メキシコ最凶の悪人と世界屈指の武器商人を相手に、大型ナイフの名手である元捜査官マチェーテが世界存亡の危機も絡んだ戦いに挑んでいきます。

前作の味のあるB級感から、どちらかというとZ級のチープ感が漂ってる作品です。最後の方は『オースティンパワーズ』のノリになっています。それでもこの豪華すぎるキャストと、スタッフのほとんどがロドリゲス一族という、メキシカン・パワーズのカオス作品です。

前作に比べるとオマージュが強く、パクリ感があるので、やや不満があるものの、まぁいいかと優しい気持ちで見てしまえば楽しめます。



マチェーテ・キルズ(原題:Machete Kills)

脚本:20点
演技・演出:13点
撮影・美術:13点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計60点

あらすじ

麻薬捜査官のマチェーテは、アメリカ大統領から、マッドマンと呼ばれるメキシコの麻薬王を倒してほしいとの依頼を受ける。しかし、マッドメンは自分の心臓が止まると同時にワシントンD.C.へミサイルが飛ぶように仕組んでいた。その仕掛けを解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけだったが、ヴォズもまた、世界を混乱に陥れようと企んでいた。

スタッフ

監督:ロバート・ロドリゲス
製作:ロバート・ロドリゲス,リック・シュワルツ,セルゲイ・ベスパロフ,アレクサンター・ロンダヤスキー,アーロン・カウフマン,イリアナ・ニコリック
原案:ロバート・ロドリゲス,マルセル・ロドリゲス
脚本:カイル・ウォード
撮影:ロバート・ロドリゲス
衣装:ニナ・プロクター
編集:ロバート・ロドリゲス,レベッカ・ロドリゲス
音楽:カール・シール,ロバート・ロドリゲス
配給:ファインフィルムズ

キャスト

ダニー・トレホ:マチェーテ
ミシェル・ロドリゲス:ルース
ソフィア・ベルガラ:アダム・デズデモーナ
アンバー・ハード:ミス・サンアントニオ
カルロス・エステベス:アメリカ大統領
レディー・ガガ:カメレオン
アントニオ・バンデラス:カメレオン
ジェシカ・アルバ:サルタナ捜査官
デミアン・ビチル:メンデス“マッドマン”
アレクサ・ベガ:キル・ジョイ
バネッサ・ハジェンズ:セレーナ
キューバ・グッディング・Jr.:カメレオン
ウィリアム・サドラー:ドークス保安官
マルコ・サロール:サロール
ウォルト・ゴギンズ:カメレオン
メル・ギブソン:ルーサー・ヴォズ

予告編

商品情報