1990年代 ドラマ 恋愛

Love Letter 92点

投稿日:

映画批評・備忘録

雪の小樽と神戸を舞台にしたラブストーリー。テレビドラマやCMなどで活躍していた岩井俊二の劇場用長編映画監督第1作である。岩井俊二のセンス溢れる映像の美しさとそこに合わせる音楽が素晴らしい。切ないラブストーリーと映像の美しさ、演出の巧みさ、邦画ラブストーリーでは傑作。

※第19回日本アカデミー賞にて、作品が優秀作品賞を、秋葉を演じた豊川悦司が優秀助演男優賞と話題賞(俳優部門)を、少年時代の藤井樹を演じた柏原崇と、少女時代の藤井樹を演じた酒井美紀が新人俳優賞を、REMEDIOSが優秀音楽賞を受賞した。一人二役を演じた中山美穂は、ブルーリボン賞、報知映画賞、ヨコハマ映画祭、高崎映画祭などで主演女優賞を受賞した。1995年度『キネマ旬報』ベストテン第3位、同・読者選出ベストテン第1位。

採点の内訳


脚本:37点
演技・演出:17点
撮影・美術:19点
編集:9点
音響・音楽:10点
合計92点

タイトル

Love Letter

あらすじ

神戸に住む渡辺博子は、山で遭難した婚約者の藤井樹の三回忌の帰り道、彼の母・安代に誘われ、彼の中学時代の卒業アルバムを見せてもらう。忘れられない彼への思いから、そのアルバムに載っていた、彼が昔住んでいたという小樽の住所へとあてもなく手紙を出す。すると数日後、来るはずのない返事がきた。その手紙の主は、亡くなった婚約者の藤井樹と同姓同名で、彼と同級生だった、女性の藤井樹。やがて博子と樹の奇妙な文通が始まる。

スタッフ

監督・脚本・編集・原作:岩井俊二
音楽:REMEDIOS
オリジナルサウンドトラック:REMEDIOS(キングレコード)
イメージソング:the pillows「ガールフレンド」(キングレコード)
撮影:篠田昇
照明:中村裕樹
美術:細石照美
記録:白鳥あかね
助監督:行定勲
撮影助手:北信康、福本淳
ポスプロプロデューサー:掛須秀一
編集助手:今井剛、大竹弥生
AVIDエンジニア:小島俊彦
音響効果:今野康之
現像:IMAGICA
協力:小樽市、日本エアシステム ほか
製作者:村上光一、重村一、堀口寿一
エグゼクティブ・プロデューサー:松下千秋、阿部秀司
プロデュース:小牧次郎、池田知樹、長澤雅彦
アソシエイトプロデューサー:河井真也
制作協力:ROBOT
製作:フジテレビジョン、ヘラルド・エース
上映時間 117分

キャスト

渡辺博子:中山美穂
藤井樹:中山美穂(二役)
秋葉茂:豊川悦司
藤井晶子:范文雀
藤井剛吉:篠原勝之
藤井精一:鈴木慶一
藤井慎吉:田口トモロヲ
樹(少女時代):酒井美紀
樹(少年時代):柏原崇
藤井安代:加賀まりこ
阿部粕:光石研
及川早苗:鈴木蘭々
梶親父:塩見三省
浜口先生:中村久美
利満:うめだひろかず
春美:長田江身子
鈴美:小栗香織
治夫:神戸浩
運転手:酒井敏也
担任:山口晃史
阿部粕の妻:山口詩史
学年主任:山崎一
男:徳井優
看護婦:武藤寿美
図書委員 遥香:藤村ちか
図書委員 恵子:市川さき
図書委員 真理:林美恵
図書委員 優子:高原遊
図書委員 彩:園田亜季子
図書委員 智加:木村絢

予告編

商品情報



-1990年代, ドラマ, 恋愛
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© 映画ブログ - 僕の脳にある愛と憎しみの映画批評 , 2018 AllRights Reserved.