IT イット “それ”が見えたら、終わり。 90点

IT イット “それ”が見えたら、終わり。

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 映画批評・備忘録

2度目の映像化で初の劇場版であり、本作は小説の前半を映画化した。キャッチコピーは、『子供が消える町に、”それ”は現れる。』北米での興行収入は3億2,748万ドルで、これは、M・ナイト・シャマラン監督のホラー映画No.1の大ヒットを記録した『シックス・センス』が稼いだ2億9,350万ドルを上回り、事実上のホラー映画No.1の大ヒットを記録。

2017年の作品の中では、トップ3に入る面白い映画だった。オープニングの演出がトラウマレベルの容赦ない残酷な描写で、ペニーワイズの恐怖の刷り込みに成功したと思います。特に小さいお子さんを持つ親や幼少期にトラウマを抱えている人には見せられないシーンです。このオープニングがなければ、その後にある演出内容はコメディ要素もあることや、ストーリーは、子供たちの友情や成長を中心に描いていますのでグーニーズやスタンド・バイ・ミーになってしまいます。ホラー映画ですが、感動できるラストは、ハリウッド的でもあります。個人的に、好きですよこういう終わり方。

テレビドラマのイットも幼少期の前編は面白いのに、大人になった後編がひどくつまらないので、今作もまた前編が期待以上に面白かっただけに後編に不安がありますが、アンディ・ムスキエティ監督の手腕に期待しています。

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 採点の内訳


脚本:37点
演技・演出:18点
撮影・美術:18点
編集:9点
音響・音楽:8点
合計90点

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 タイトル

IT イット “それ”が見えたら、終わり。(原題:IT:chapter one)

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 あらすじ

1988年から物語は始まる。立て続けに起こる行方不明事件の最中、雨の日にビルの弟であるジョージーが行方不明となる。

夏休みに入る頃、ルーザーズクラブのビル、リッチー、スタンリー、エディ、そしてバワーズらに暴行を受けて逃げてきた際に出会ったベン、薬局にて出会ったベバリー、バワーズらに暴行を受けているところでビルたちに助けて貰ったマイクと共に連続行方不明事件の謎を探ることとなる。

それぞれ悩みを背負った少年少女たちが恐怖に立ち向かう姿を描く。

人間の弱さに付け込む不気味なピエロ、ペニーワイズに翻弄される人々を描く。物語前半は幼少時代、後半は大人になった現代のパートに分かれている。前半は回想がほとんどを占め、ホラー要素さえなければ『スタンド・バイ・ミー』のような青春ものである。

本作は非現実的な要素を多く含んでいて、例えばペニーワイズは、特定の人物にしか姿を見せず、引き起こされる能力(物体を自在に操る、相手の恐怖心を覚える姿に擬態する、血を含んだ風船を飛ばすなど)も同じように一般の人間には見えない。

ペニーワイズはトロールが出てくるおとぎ話「三びきのやぎのがらがらどん」をヒントに作られた。実在する連続殺人鬼で、パーティでピエロをつとめていたジョン・ゲイシーの影響も指摘されている。また、この作品の公開後、ピエロの存在を怖がる人々(道化恐怖症)が少なからず現れるようになったという。

今作の「IT」は「それ」ではなくて「鬼」だという意味だという意見もあるが、ITを鬼と言う意味で使うのは鬼ごっこの時のみであり、今作が鬼ごっことは全く関係のない話ということから勘違いである。ちなみに海外のファンサイト『Stephen King Wiki』では、「数十億年前から生きており、性別や見た目も決まっておらず、アイデンティティが確立していないためITと呼ばれている」と説明されている。

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 スタッフ

監督:アンディ・ムスキエティ
脚本:チェイス・パーマー,ゲイリー・ドーベルマン,キャリー・フクナガ
原作:スティーヴン・キング『IT/イット』
製作:ロイ・リー,ダン・リン,セス・グレアム=スミス,デビッド・カッツェンバーグ
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
撮影:チョン・ジョンフン
編集:ジェイソン・バランタイン
製作会社:ニュー・ライン・シネマ,ラットパック・エンターテインメント
配給:ワーナー・ブラザース

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 キャスト

ビル・デンブロウ – ジェイデン・リーバハー: 吃音の少年。「負け犬クラブ(LOSERS)」のリーダー。
ジョージー・デンブロウ – ジャクソン・ロバート・スコット: ビルの幼い弟。雨の日に行方不明となる。
ペニーワイズ – ビル・スカルスガルド: 子供たちにしか見えない不気味なピエロ。
ベン・ハンスコム – ジェレミー・レイ・テイラー: 転校してきたばかりの太めの少年。街の秘密を調べている。
リッチー・トージア – フィン・ウルフハード: ビルの親友である眼鏡の少年。
ベバリー・マーシュ – ソフィア・リリス: いじめを受けている大人びた少女。父親から性的暴行を受けている事が示唆されている。
スタンリー・ユリス – ワイアット・オレフ: ユダヤ系の少年。ラビの息子。
マイク・ハンロン – チョーズン・ジェイコブス: アフリカ系の少年。家業である屠殺業の見習い修行中。
エディ・カスプブラク – ジャック・ディラン・グレイザー: 喘息持ちの少年。過干渉の母親に行動を縛られている。
ヘンリー・バワーズ – ニコラス・ハミルトン: ベンやマイクらに執拗な暴行を加えている不良グループのリーダー。警官の息子。
ベルチュ・ハギンズ – ジェイク・シム: 不良グループのメンバーの一人。
パトリック・ホックステッター – オーウェン・ティーグ: 不良グループのメンバーの一人。
ビクター・クリス – ローガン・トンプソン: 不良グループのメンバーの一人。
グレッタ – メーガン・シャルパンティエ
ミスター・マーシュ – ステファン・ボガルト: べバリーの父親。べバリーに暴力を振るっている。
シャロン・デンブロウ – ピップ・ドワイヤー: ビルの母親。
ザック・デンブロウ – ジェフリー・ポウンセット: ビルの父親。
ラビ・ユリス – アリ・コーエン: スタンリーの父親。
スタンリーの母 – ジャネット・ポーター
リロイ・ハンロン – スティーヴン・ウィリアムズ: マイクの祖父。
ソニア・カスプブラグ – モリー・アトキンソン: エディの母親。
バワーズ警察官 – スチュアート・ヒューズ: ヘンリーの父親。
キーン – ジョー・ボスティック
スターレット – エリザベス・ソーンダース
ホーボー – ハビエル・ボテット

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 予告編

IT イット “それ”が見えたら、終わり。 商品情報