グリーン・ランタン 33点

グリーン・ランタン

グリーン・ランタン 映画批評・備忘録

2011年公開のアメリカ合衆国の映画。宇宙の平和を守る宇宙警察機構“グリーン・ランタン”の一員となった男の戦いを壮大なスケールで描いたSFアクション映画。

DCコミックを代表するスーパーマンやバットマンに次ぐヒーローで、非常に期待された作品だったものの、ビジュアルがはっきりいってダサいし、ストーリーも盛り上がりに欠けてしまい、映像やセリフなんかは悪くないものの、特段に抜けているこれというものが無い。ヒーローものにしては非常に寂しい作品となってしまった。

主演のライアン・レイノルズの黒歴史であり、最愛の女性ブレイクを得た人生の転機となった作品でもある。続編の企画はなくなったものの、本来なら夫婦対決になる予定だった。(※本作のヒロインが続編では悪役になる予定だった。)

デッドプールやLEGOバットマン ザ・ムービーなどいじられキャラとなってしまったグリーン・ランタン。今作品を見てないと良く分からないと思うので是非見てもらいたいクソ映画です。



グリーン・ランタン(原題: Green Lantern)

脚本:5点
演技・演出:5点
撮影・美術:13点
編集:5点
音響・音楽:5点
合計33点

グリーン・ランタン あらすじ

広大無辺で神秘に満ちた宇宙にはるか昔から存在する、平和と正義を守るエリート集団グリーン・ランタン。ある時、パララックスと名乗る新たな強敵が現れ、宇宙は存亡の危機に瀕する。彼らと地球の運命は、入隊したばかりで人類初のメンバー、ハル・ジョーダン(ライアン・レイノルズ)の手に委ねられた!

グリーン・ランタン スタッフ

監督:マーティン・キャンベル
脚本:グレッグ・バーランティ,マイケル・グリーン,マーク・グッゲンハイム,マイケル・ゴールデンバーグ
原案:グレッグ・バーランティ,マイケル・グリーン,マーク・グッゲンハイム
製作:グレッグ・バーランティ,ドナルド・デ・ライン
製作総指揮:ハーブ・ゲインズ,アンドリュー・ハース
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影:ディオン・ビーブ
編集:スチュアート・ベアード
製作会社:ワーナー・ブラザース,DCエンターテインメント,デ・ライン・ピクチャーズ
配給:ワーナー・ブラザース

グリーン・ランタン キャスト

ライアン・レイノルズ
ブレイク・ライヴリー
ピーター・サースガード
マーク・ストロング
アンジェラ・バセット
ティム・ロビンス
テムエラ・モリソン
タイカ・ワイティティ
ジェイ・O・サンダース
ジョン・テニー
ジェフリー・ラッシュ<声>
マイケル・クラーク・ダンカン<声>
クランシー・ブラウン<声>

グリーン・ランタン 予告編

グリーン・ランタン 商品情報