ゴーストシップ 66点

ゴーストシップ

2002年に公開されたアメリカ合衆国・オーストラリアの合作映画。幽霊船を舞台にしたホラー映画作品 。ロバート・ゼメキス率いるダークキャッスル・エンタテインメント制作第3弾。当初は『ゴースト/血のシャワー』のリメイクとして企画されたが、ポスターの構図の類似を除いて完全な別作品となった。

ゴーストシップ 映画批評・備忘録


ゴーストシップ(原題:Ghost Ship)

脚本:26点
演技・演出:13点
撮影・美術:15点
編集:6点
音響・音楽:6点
合計66点


オープニングのゴアシーンが強烈過ぎて、後のシーンが優しく感じてしまいました。酷評されるほどつまらない映画ではないと思うのですが、ホラー映画というよりファンタジー映画よりの作品だと思います。登場人物の死に方もあっさりしたもので、キャーって叫んじゃいそうな演出もなく、死んでたんだ!という演出なので全く怖くありません。オープニングをあそこまで強烈にしたスタッフとは思えない演出です。
ザ・グリード』のような弾けた感じはありませんが、海外ドラマ2話分くらいの面白さは感じられたので良しとしましょう。


ゴーストシップ あらすじ

1962年春、イタリアが誇る豪華客船アントニア・グレーザー号は、アメリカに向けて大西洋を航行中に突如消息を絶った。それからおよそ40年、ベーリング海を漂う謎の船が発見される。さっそく調査に向かったサルベージ会社“アークティック・ウォリアー”のクルーたちは、この船が40年間消息不明となっていたアントニア・グレーザー号であることを知る。さらに、無人の船内で大量の金塊を発見する。海洋法では公海上でこうした船が発見された場合、所有権は全て発見者に属することになっている。クルーたちは大喜びするのだったが…。

ゴーストシップ スタッフ

監督:
製作:,,
製作総指揮:,
脚本:
撮影:
編集:
音楽:
配給:

ゴーストシップ キャスト








ゴーストシップ 予告編・無料動画