13日の金曜日 81点

13日の金曜日

1980年公開のアメリカ合衆国の映画。13日の金曜日とは、英語圏の多くとドイツ、フランスなどの迷信において不吉とされる日である。クリスタルレイクを舞台に、若者達が次々と正体不明の殺人鬼に惨殺されて行くというホラー・シリーズの記念すべき第1作。2009年に同名の『13日の金曜日』リブート版が公開されている。

13日の金曜日 映画批評・備忘録


13日の金曜日(原題:FRIDAY THE 13TH)

脚本:33点
演技・演出:16点
撮影・美術:14点
編集:9点
音響・音楽:9点
合計81点


キッキッキッキッキッ・・マッマッマッマッマッという最怖のBGMのような効果音が今作の代名詞のようになりましたが、元はキル・ママというジェイソンの叫びをBGM化したものです。今作品、ホッケーマスクのジェイソンは出てこないどころか、ネタバレになりますが夢落ちシーンにしか出てこないんです。全世界に衝撃を与えた映画ですが、ラストシーンを除けば、さっぱり覚えていない。。。それだけワンシーンの衝撃度が高かったという意味では、トラウマ映画として、意外とよくできた演出と脚本です。


amazonプライム・ビデオ

13日の金曜日 あらすじ

1957年の13日の金曜日。ニュージャージー州ブレアーズタウンのクリスタルレイク付近のキャンプ場にて、一人の少年が溺れて消息不明になった。それから数年の間、クリスタルレイクのキャンプ場にて奇怪な事件が多発し、遂にはキャンプ指導員の男女二人が何者かに殺害された事件が発生。キャンプ場は閉鎖せざるを得なくなった。さらに数十年経った1980年。殺人事件の起こったクリスタルレイクのキャンプ場が再開され、数人の指導員候補生達がキャンプ場に訪れる。しかし、そのキャンプ場には一連の怪事件を起こした犯人が潜んでおり、指導員候補生達を次々に襲っていった。

13日の金曜日 スタッフ

監督:
脚本:
製作:
製作総指揮:
音楽:
撮影:
編集:
製作会社:
配給:,

13日の金曜日 キャスト

ボーヒーズ夫人:
アリス:
ビル:
ジャック:
マーシー:
ネッド:
ブレンダ:
アニー:
スティーヴ:
ティアニー:
ラルフ:
トラック運転手(エノス):
ジェイソン:

13日の金曜日 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ