ドラゴンボール・エボリューション -17点(マイナス)

DRAGONBALL EVOLUTION

2009年公開のアメリカ合衆国の映画。鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』を実写で映画化した作品である。監督は『ファイナル・ディスティネーション』で知られるジェームズ・ウォン。プロデューサーは、『少林サッカー』のチャウ・シンチー。全世界共通の主題歌は浜崎あゆみ。

ドラゴンボール・エボリューション 映画批評・備忘録


DRAGONBALL EVOLUTION(邦題:ドラゴンボール・エボリューション)

脚本:-40点
演技・演出:2点
撮影・美術:10点
編集:5点
音響・音楽:6点
合計-17点(マイナス)


ドラゴンボールだと思ってみたらとんでも映画なんですが、香港風SFアクション映画だと思ってみれば、楽しめないこともない映画のような気がします。あくまでも気がするだけですが。。。基本的な軸が若いころのジャッキー・チェン映画とスパイダーマンなんかを組み合わせたような脚本になっています。それにベスト・キッドを加えた感じでしょうか。。。
孫悟飯を演じたのはマトリックス・レボリューションでキーメーカーを演じたランドール・ダク・キムなのですが、唯一原作のイメージどおりだったように思えます。
亀仙人役のチョウ・ユンファの演技は悪いくないのですが、原作のイメージとかけ離れているので違和感というか愛着が持てないキャラクターでした。
悟空を演じたジャスティン・チャットウィンは、学芸会で悟空役を引き当てた白人青年という感じで、すべてにおいてハマらないきまらない役だったように思います。酷いコスプレ感の衣装は失笑ものでした。ピッコロ大魔王の特撮部分に大半の予算を費やしたのかもしれません。


ドラゴンボール・エボリューション あらすじ

7つの球を揃えると、どんな願いも叶えてくれるというドラゴンボール。

本来の力を隠し、普通の高校生として暮らしていた孫悟空は、18歳の誕生日に祖父の孫悟飯を何者かに殺害される。

その犯人、2000年の眠りから目覚めたピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止するため、ドラゴンレーダーで悟空の持つドラゴンボールを奪いに来たブルマや、盗賊として行く手を阻むヤムチャ、自宅に侵入してきた悟空達を強盗と勘違いする武天老師らと共に、修行をし、残りのドラゴンボールを探す旅に出る。

自分の中に眠る大猿の力を制御できずに仲間を襲いはじめる悟空。大猿の力を制御し、ドラゴンボールを全て集め、祖父悟飯の仇、ピッコロ大魔王の世界征服の野望を阻止する。

ドラゴンボール・エボリューション スタッフ

監督:
製作総指揮:,
製作:,
脚本:,
編集:
撮影:
助監督:
第二班監督:,
美術:
プロダクションデザイン:
音楽:
衣装デザイン:
クリーチャーデザイン:
特殊効果:,(ADI)
視覚効果:,Ollin Studio,Hybride,CAFE FX,ZOIC STUDIO
プレ・ヴィズ:,,Image Engine
スタント:87Eleven
全世界共通テーマソング:「Rule」(avex trax)

ドラゴンボール・エボリューション キャスト












ドラゴンボール・エボリューション 予告編・無料動画