DOG×POLICE 純白の絆 73点

DOG×POLICE 純白の絆

2011年公開の日本映画。警視庁管内で警備犬の訓練にあたる警視庁警備部警備第二課装備第四係を舞台に、不祥事で転属させられた熱気ある新人警察官・早川勇作とバディーの警備犬・シロとの友情、勇作と同僚警官とのチームワークを通じて、連続爆破テロ事件の解決に挑むサスペンス映画。
劇中、警視庁を題材としているため舞台は東京都内であるが、爆破される商業施設名は全て架空の名称となっている。実際の屋外ロケは神戸市(ハーバーランド、ポートアイランド市民広場)・滋賀県(ビバシティ彦根)・広島市の「基町クレド・パセーラ」など西日本を中心に行われた。これは撮影時期の2011年3月に東日本大震災が発生したことで当初予定していた関東でのロケ撮影が困難となったためである。パセーラでは爆破用のオープンセットを建て、CG無しの爆破シーンが撮影された。主要都市中心部の繁華街で大規模な本物の爆破シーンが撮影されたのは日本映画で極めて異例のことであり話題となった。このシーンの撮影のため、実際の爆破の際には広島県警察の協力で前の道路を一時全面封鎖している。

DOG×POLICE 純白の絆 映画批評・備忘録


DOG×POLICE 純白の絆

脚本:30点
演技・演出:15点
撮影・美術:14点
編集:7点
音響・音楽:7点
合計73点


海猿シリーズで感動できる人ならこちらの映画も涙ホロホロ感動物語で楽しめます。細かいツッコミどころは満載なものの、市原隼人の熱い!演技名犬達の活躍はかなり見応えがあって面白いです。海猿同様に後半の盛り上がり感やスリリングで胸が熱くなる展開は見せ方が上手いなと。MVPは犬のシロですが、爆破シーンなどは海猿同様に良くできていて迫力がある映像は、特撮班も活躍していますね。


amazonプライム・ビデオ

DOG×POLICE 純白の絆 あらすじ

犯罪捜査で優秀な成績を上げ続けた若き警察官、早川勇作(演:市原隼人)に、警備犬の訓練所への異動命令が下される。刑事を目指していた勇作は、やる気を失いそうになるが、ハンディーキャップを持つ犬シロとの出会いによって、勇作はシロを立派な警備犬に育成しようと決意。シロは警備犬として成長していくが、連続爆破事件が発生し……。

DOG×POLICE 純白の絆 スタッフ

監督:
製作指揮:
製作:,,,
エグゼクティブプロデューサー:
企画プロデュース:
プロデューサー:
原案:
脚本:
音楽:
主題歌:シクラメン「僕の宝物」(トイズファクトリー)
撮影:
美術:
照明:
録音:
ドッグトレーナー:鈴木和夫
アクション監督:
製作:「DOG×POLICE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、東宝、讀賣テレビ放送、バップ、D.N.ドリームパートナーズ、ツインズジャパン、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、静岡第一テレビ、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送)
制作プロダクション:
配給:
企画・製作幹事:

DOG×POLICE 純白の絆 キャスト

早川勇作: – バディ:シロ
水野夏希: – バディ:ブランド
竹清悟: – バディ:マック
西村孝: – バディ:アレックス
永井孝介: – バディ:バルト
村岡総一郎:
田尻泰治:
近藤篤史:
鈴木博之:
佐久間警備局長:
有吉宗太郎:
斉藤均:



宙音ミク(声):
久坂亨:
大塚直樹:
向井寛:

DOG×POLICE 純白の絆 予告編


amazonプライム・ビデオ