デイブレイカー 77点

デイブレイカー

2009年公開のアメリカ合衆国・オーストラリア合作のSFホラー映画。2009年9月11日にトロント国際映画祭でプレミア上映された。2010年1月6日にイギリス、同月8日にアメリカ合衆国、同年2月4日にオーストラリアで公開された。

デイブレイカー 映画批評・備忘録


デイブレイカー(原題: Daybreakers)

脚本:30点
演技・演出:16点
撮影・美術:15点
編集:8点
音響・音楽:8点
合計77点


ヴァンパイアがスタンダードな世界というのが斬新なものの、ストーリーの大筋はオーソドックスなものでした。ただし、見せ方が上手く脚本も小ネタが利いています。
B級作品のような題材ですが、大物俳優、イーサン・ホーク、サム・ニール、ウィレム・デフォーが出演していることもあり、確かな俳優が演じると作品も立派になってしまう感じです。
クライマックスシーンも盛り上がりますが、今作、説教くさいシーンやキャラクターが鼻につくところがあります。それが、B級を消しているようにも思えますし、そんなもんいらんわとも思える、もったいない感じが後に残ってしまいました。


amazonプライム・ビデオ

デイブレイカー あらすじ

人口の9割がヴァンパイアという近未来の地球。生き残った人間は、ある者は捕らえられ人血生成の糧として使われ、またある者は生きるため逃げ惑っていた。しかし、人間の数は年々減少し、ヴァンパイアたちは血に飢え始めていた。大手血液製造会社に勤務する研究員・エドワードは、代替血液の製造を任されていたが、進まない研究に頭を悩ませていた。そんな彼はある日、「人間を救って欲しい」と言う人間の女性・オードリーと接触する。彼女と行動を共にする男性・ライオネルと会ったエドワードは、人間とヴァンパイア両方を救う驚くべき方法があると告げられる。

デイブレイカー スタッフ

監督:,
脚本:,
製作:,,
製作総指揮:,
音楽:
撮影:
編集:
配給:,

デイブレイカー キャスト











デイブレイカー 予告編・無料動画


amazonプライム・ビデオ